輸送科 (陸上自衛隊)

陸上自衛隊の職種

輸送科(ゆそうか、: Transportation)は、陸上自衛隊後方支援職種の一つ。旧軍の輜重兵相当。職種標識の色は

概要編集

大型車両等による人員・装備品の輸送のほか、輸送統制、ターミナル業務、道路使用規制等を行う。陸上輸送(自動車・鉄道)、海上輸送及び航空輸送全般を担当する。その他部隊内に自動車教習所を設置して、自動車運転免許取得のための教習を実施している(ただし、2007年6月道路交通法改正により現在は自衛隊内で大型自動車免許を取得しても操縦できるのは自衛隊車両に限定され、民間の大型車を運転することはできない。運転する場合は、限定解除審査を受ける必要がある)。

主な輸送科部隊は防衛大臣直轄の陸上自衛隊中央輸送隊方面隊には方面輸送隊(方面後方支援隊編成以降は同隊の隷下)、師団旅団には後方支援連隊(隊)の輸送隊が配備されている。職種学校は陸上自衛隊輸送学校教育支援部隊は第311輸送中隊(朝霞駐屯地)である。

2017年3月27日付けで大規模改編がされ、中央輸送業務隊を中央輸送隊に改編、方面輸送隊輸送業務隊を隷下に組み入れ方面分遣隊として運用を行っている。

普通科連隊に高機動車が配備される以前までは本部管理中隊に輸送小隊が編成され、隷下の普通科中隊小銃小隊の輸送を担当していたが、普通科中隊に高機動車が導入され車両化されると廃止され要員は連隊隷下の各中隊や師団輸送隊等へ異動となっている。輸送小隊には主に73式小型トラック8両(連隊長・幕僚等輸送用)と73式大型トラック10両程度が配備され、野営や演習等ではそれぞれ小銃小隊等に配備され、輸送業務を担当していた。

沿革編集

  • 1951年(昭和26年)
    • 3月28日:第902重輸送車両中隊が舞鶴駐屯地において新編。
    • 5月1日:
    1. 第900輸送大隊及び本部中隊(宇都宮駐屯地)、第901輸送車両中隊(船岡駐屯地)、第903輸送車両中隊(福知山駐屯地)が新編。
    2. 第900輸送大隊及び本部中隊、第901輸送車両中隊が立川駐屯地へ移駐。
    3. 第905輸送車両中隊が曽根駐屯地で新編。
  • 1952年(昭和27年)
    • 1月25日:第905輸送車両中隊が曽根駐屯地から福岡駐屯地に移駐。
    • 2月29日:第902重輸送車両中隊が第909輸送中隊(宇治駐屯地)に改編。
    • 6月20日:第906輸送中隊、第907輸送中隊を朝霞駐屯地で新編。
    • 12月18日:第909輸送中隊が第306輸送中隊宇治駐屯地)に改編。
  • 1954年(昭和29年)
    1. 第900輸送大隊が第101輸送大隊(立川駐屯地)に称号変更。
    2. 第901輸送中隊が第301輸送中隊(立川駐屯地)に称号変更。
    3. 第906輸送中隊が第302輸送中隊(朝霞駐屯地)に称号変更。
    4. 第907輸送中隊が第303輸送中隊(朝霞駐屯地)に称号変更。
    5. 第905輸送車両中隊が第307輸送中隊(目達原駐屯地)に称号変更。
    • 9月10日:第101輸送大隊が陸上自衛隊輸送学校隷下に編合。
    • 9月29日:第302輸送中隊が立川駐屯地へ移駐。
    • 9月30日:第303輸送中隊が立川駐屯地へ移駐。
    • 10月15日:第102輸送大隊が札幌駐屯地において編成完結(第304輸送中隊第305輸送中隊第308輸送中隊基幹)。
    • 10月30日:第102輸送大隊が札幌駐屯地から真駒内駐屯地に移駐。
  • 1958年(昭和33年)
    • 6月25日:第309輸送中隊立川駐屯地で編成完結。
    • 7月3日:第309輸送中隊が霞目駐屯地に移駐。
  • 1960年(昭和35年)1月14日:第309輸送中隊が東北方面隊隷下に編合。
  • 1969年(昭和44年)4月1日:第101輸送大隊が東部方面隊隷下に編合。
  • 1975年(昭和50年)3月26日:
    • 第101輸送大隊が東部方面輸送隊に改編。
    • 第102輸送大隊が北部方面輸送隊に増強改編。第310輸送中隊が真駒内駐屯地で新編。
  • 1976年(昭和51年)3月25日:
    • 東北方面輸送隊が第309輸送中隊を母体として霞目駐屯地で編成完結。
    • 西部方面輸送隊目達原駐屯地で編成完結。
    • 中部方面輸送隊が伊丹駐屯地で編成完結。第303輸送隊が伊丹駐屯地で新編。
  • 1980年(昭和55年)3月25日:
    • 中部方面輸送隊が伊丹駐屯地から豊中分屯地へ移駐。
    • 西部方面輸送隊が健軍駐屯地に移駐。
  • 1983年(昭和58年)3月24日:京浜港湾処理隊、青函地区輸送連絡隊、第391会計隊が統合・改編して陸上自衛隊中央輸送業務隊が発足。
  • 1985年(昭和60年)3月20日:第303輸送隊第312輸送中隊に改編。
  • 1993年(平成5年)3月30日:北部方面輸送隊に第313輸送中隊及び第314輸送中隊新編。
  • 1996年(平成8年)1月:陸上自衛隊中央輸送業務隊移動支援隊を新編。
  • 2000年(平成12年)3月28日:北部方面輸送隊が北部方面後方支援隊編成完結に伴い、同隊隷下部隊に改編。
  • 2002年(平成14年)3月27日:
  1. 北部方面輸送隊隷下に第101輸送業務隊を新編、旭川駐屯地に第2端末地業務班、帯広駐屯地に第3端末地業務班を編成。
  2. 東部方面輸送隊が東部方面隊直轄から東部方面後方支援隊隷下に編合。
  3. 東部方面輸送隊隷下に第102輸送業務隊を新編。
  4. 第312輸送中隊第305輸送隊に改編。
  • 2003年(平成15年)3月27日:西部方面輸送隊が西部方面後方支援隊隷下に編合。
  • 2004年(平成16年)3月29日:
  • 2006年(平成18年)3月24日:中部方面輸送隊が豊中分屯地廃止に伴い、桂駐屯地へ移駐。
  • 2006年(平成18年)
    • 3月27日:青函地区隊、京浜地区隊を廃止するとともに輸送処理隊を新編、移動支援隊を3隊に分割。
    • 東北方面輸送隊が東北方面後方支援隊隷下に編合。第105輸送業務隊が新編。
  • 2008年(平成20年)3月26日:
    • 第3移動支援隊が函館駐屯地から横浜駐屯地へ移駐。
    • 第308輸送中隊廃止。
  • 2010年(平成22年)3月26日:第15旅団創設に伴い、那覇駐屯地に第103輸送業務隊を新編。
  • 2015年(平成27年)3月26日:第4移動支援隊、第5移動支援隊を新編。
  • 2018年(平成30年)
    • 3月26日:
    • 3月27日:中央輸送業務隊を陸上自衛隊中央輸送隊に改編。方面輸送隊輸送業務隊を廃止、隷下に組み入れ方面分遣隊として新編。
      1. 第1~第5移動支援隊を第1~第5国際輸送支援隊に改編。
      2. 各方面後方支援隊隷下の方面輸送隊輸送業務隊を隷下に編合して方面分遣隊として再編成。
  • 2019年(平成31年)3月4日:北部方面輸送隊に輸送用20ftコンテナを導入。

輸送科部隊編集

防衛大臣直轄部隊編集

方面直轄部隊編集

輸送中隊

  • 第902重輸送車両中隊(舞鶴駐屯地):1951年(昭和26年)3月28日新編。
  • 第901輸送車両中隊(船岡駐屯地):1951年(昭和26年)5月1日新編。
  • 第903輸送車両中隊(福知山駐屯地):1951年(昭和26年)5月1日新編。
  • 第905輸送車両中隊(曽根駐屯地):1951年(昭和26年)5月1日新編。
  • 第909輸送中隊(宇治駐屯地):1952年(昭和27年)2月29日:第902重輸送車両中隊から改編。
  • 第906輸送中隊:1952年(昭和27年)6月20日新編。
  • 第907輸送中隊:1952年(昭和27年)6月20日新編。

輸送大隊

  • 第900輸送大隊:1954年(昭和29年)6月30日廃止。第101輸送大隊に称号変更。
  • 第101輸送大隊:1954年(昭和29年)7月1日新編。1975年(昭和50年)3月26日東部方面輸送隊に改編。
  • 第102輸送大隊:1954年(昭和29年)10月15日新編。1975年(昭和50年)3月26日北部方面輸送隊に増強改編。

方面輸送隊

方面輸送隊の一覧

方面輸送隊の沿革

  • 1975年(昭和50年)3月26日:
    • 北部方面輸送隊が真駒内駐屯地で新編。
    • 東部方面輸送隊が朝霞駐屯地で新編。
  • 1976年(昭和51年)3月25日:
    • 東北方面輸送隊が霞目駐屯地で新編。
    • 中部方面輸送隊が桂駐屯地で新編。
    • 西部方面輸送隊が健軍駐屯地で新編。
  • 2000年(平成12年)3月28日:北部方面輸送隊が北部方面後方支援隊に隷属。
  • 2002年(平成14年)3月27日:東部方面輸送隊が東部方面後方支援隊に隷属。
  • 2003年(平成15年)3月27日:西部方面輸送隊が西部方面後方支援隊に隷属。
  • 2004年(平成16年)3月29日:中部方面輸送隊が中部方面後方支援隊に隷属。
  • 2006年(平成18年)3月27日:東北方面輸送隊が東北方面後方支援隊に隷属。

方面輸送隊の編成

  • 北部方面輸送隊(真駒内駐屯地)
    • 北部方面輸送隊本部
    • 本部付隊
    • 第304輸送中隊(真駒内駐屯地)
    • 第305輸送中隊(真駒内駐屯地)
    • 第310輸送中隊(真駒内駐屯地)
    • 第313輸送中隊(真駒内駐屯地)
    • 第314輸送中隊(真駒内駐屯地)
    • 廃止部隊
    1. 第308輸送中隊(真駒内駐屯地)
    2. 第101輸送業務隊(真駒内駐屯地)
  • 東北方面輸送隊(霞目駐屯地)
    • 東北方面輸送隊本部
    • 本部付隊
    • 第309輸送中隊(霞目駐屯地)
    • 第302輸送隊(霞目駐屯地)
    • 廃止部隊
      • 第105輸送業務隊(霞目駐屯地)
  • 東部方面輸送隊(朝霞駐屯地)
    • 東部方面輸送隊本部
    • 本部付隊
    • 第301輸送中隊(朝霞駐屯地)
    • 第302輸送中隊(朝霞駐屯地)
    • 第301輸送隊(朝霞駐屯地)
    • 廃止部隊
      • 第303輸送中隊(朝霞駐屯地)
      • 第102輸送業務隊(朝霞駐屯地)
  • 中部方面輸送隊(桂駐屯地)
    • 中部方面輸送隊本部
    • 本部付隊
    • 第306輸送中隊(桂駐屯地)
    • 第305輸送隊(桂駐屯地)
    • 廃止部隊
      • 第303輸送隊(豊中分屯地)
      • 第312輸送中隊(豊中分屯地)
      • 第104輸送業務隊(桂駐屯地)
  • 西部方面輸送隊(健軍駐屯地)
    • 西部方面輸送隊本部
    • 本部付隊
    • 第307輸送中隊
    • 第304輸送隊
    • 廃止部隊
      • 第103輸送業務隊(那覇駐屯地)

輸送中隊

  • 第301輸送中隊(朝霞駐屯地)東部方面輸送隊:1954年(昭和29年)7月1日 新編。
  • 第302輸送中隊(朝霞駐屯地)東部方面輸送隊:1954年(昭和29年)7月1日 新編。
  • 第303輸送中隊(朝霞駐屯地)東部方面輸送隊:1976年(昭和51年)3月25日 新編。2004年(平成16年)3月27日 廃止。
  • 第304輸送中隊(真駒内駐屯地)北部方面輸送隊:
  • 第305輸送中隊(真駒内駐屯地)北部方面輸送隊:
  • 第306輸送中隊(桂駐屯地)中部方面輸送隊:1952年(昭和27年)12月18日 新編。
  • 第307輸送中隊(健軍駐屯地)西部方面輸送隊:1954年(昭和29年)6月30日 新編。
  • 第308輸送中隊(真駒内駐屯地)北部方面輸送隊:2008年(平成20年)3月26日 廃止。
  • 第309輸送中隊(霞目駐屯地)東北方面輸送隊:1958年(昭和33年)6月25日 新編。
  • 第310輸送中隊(真駒内駐屯地)北部方面輸送隊:1975年(昭和50年)3月26日 新編。
  • 第311輸送中隊(朝霞駐屯地)陸上自衛隊輸送学校:1975年(昭和50年)3月26日 新編
  • 第312輸送中隊(豊中分屯地)中部方面輸送隊:1985年(昭和60年)3月20日 新編。2002年(平成14年)3月26日 廃止。第305輸送隊に改編。
  • 第313輸送中隊(真駒内駐屯地)北部方面輸送隊:1993年(平成5年)3月30日 新編。
  • 第314輸送中隊(真駒内駐屯地)北部方面輸送隊:1993年(平成5年)3月30日 新編。

輸送隊

  • 第301輸送隊(朝霞駐屯地)東部方面輸送隊:
  • 第302輸送隊(霞目駐屯地)東北方面輸送隊:
  • 第303輸送隊(豊中分屯地)中部方面輸送隊:1976年(昭和51年)3月25日 新編。1985年(昭和60年)3月19日 廃止。第312輸送中隊に改編。
  • 第304輸送隊(健軍駐屯地)西部方面輸送隊:
  • 第305輸送隊(桂駐屯地)中部方面輸送隊:2002年(平成14年)3月27日 新編。

輸送業務隊

輸送業務隊(ゆそうぎょうむたい)は、陸上自衛隊の各方面輸送隊の隷下に編合されていた輸送科部隊である。2018年(平成30年)3月に廃止され陸上自衛隊中央輸送隊の方面分遣隊として再編成された。飛行場または港湾、鉄道駅等において物流輸送の統制や端末地業務を実施し(誘導・検数、通関支援、役務検査等)、方面隊隷下部隊を支援する部隊。また、国際貢献活動の派遣・撤収や民間輸送機関を利用した輸送に伴う港湾等端末地業務の他、道路交通規制業務等の支援任務を行っていた。

  • 第101輸送業務隊(真駒内駐屯地):北部方面輸送隊 2002年(平成14年)3月27日新編。2018年(平成30年)3月26日廃止。
    • 第1端末地業務班(真駒内駐屯地)
    • 第2端末地業務班(旭川駐屯地)
    • 第3端末地業務班(帯広駐屯地)
  • 第102輸送業務隊(朝霞駐屯地):東部方面輸送隊 2002年(平成14年)3月27日新編。2018年(平成30年)3月26日廃止。
  • 第103輸送業務隊(那覇駐屯地):西部方面輸送隊 2003年(平成15年)3月27日新編。2018年(平成30年)3月27日廃止。
  • 第104輸送業務隊(桂駐屯地):中部方面輸送隊 2004年(平成16年)3月27日新編。2018年(平成30年)3月26日廃止。
    • 第1端末地業務班(春日井駐屯地)
    • 第2端末地業務班(海田市駐屯地)
    • 第3端末地業務班(善通寺駐屯地)
  • 第105輸送業務隊(霞目駐屯地):東北方面輸送隊 2006年平成18年)3月27日新編。2018年(平成30年)3月26日廃止。
    • 第1端末地業務班(岩手駐屯地)
    • 第2端末地業務班(八戸駐屯地)
    • 第3端末地業務班(神町駐屯地)

師団等の輸送科部隊編集

輸送隊(ゆそうたい)は、師団、旅団の後方支援連隊等の輸送科職種の部隊であり各種トラック、トレーラーで師団、旅団隷下の各部隊に対し、各種輸送支援を実施する。隊本部、第1輸送小隊、第2輸送小隊、トレーラ小隊からなる。

師団の輸送隊

  • 第1後方支援連隊輸送隊:1992年(平成4年)3月27日第1後方支援連隊を新編。
  • 第2後方支援連隊輸送隊:1988年(昭和63年)3月25日第2後方支援連隊を新編。
  • 第3後方支援連隊輸送隊:1992年(平成4年)3月27日第3後方支援連隊を新編。
  • 第4後方支援連隊輸送隊:1990年(平成2年)3月26日第4後方支援連隊を新編。
  • 第6後方支援連隊輸送隊:1990年(平成2年)3月26日第6後方支援連隊を新編。
  • 第7後方支援連隊輸送隊:1981年(昭和56年)3月25日第7後方支援連隊を新編。
  • 第8後方支援連隊輸送隊:1990年(平成2年)3月26日第8後方支援連隊を新編。
  • 第9後方支援連隊輸送隊:1990年(平成2年)3月26日第9後方支援連隊を新編。
  • 第10後方支援連隊輸送隊:1991年(平成3年)3月29日第10後方支援連隊を新編。

廃止された師団直轄の輸送隊

  • 第1輸送隊:1962年(昭和37年)1月18日新編。
  • 第2輸送隊:1962年(昭和37年)1月18日新編。
  • 第3輸送隊:1962年(昭和37年)1月18日新編。
  • 第4輸送隊:1962年(昭和37年)8月15日新編。
  • 第5輸送隊:1962年(昭和37年)1月18日新編。
  • 第5後方支援連隊輸送隊:1989年(平成元年)3月24日新編。
  • 第6輸送隊:1962年(昭和37年)8月15日新編。
  • 第7装甲輸送隊:1961年(昭和36年)2月28日新編。
  • 第8輸送隊:1962年(昭和37年)8月15日新編。
  • 第9輸送隊:1962年(昭和37年)8月15日新編。
  • 第10輸送隊:1962年(昭和37年)1月18日新編。
  • 第11輸送隊:1962年(昭和37年)1月18日新編。
  • 第11後方支援連隊輸送隊:1989年(平成元年)3月24日新編。
  • 第12輸送隊:1962年(昭和37年)1月18日新編。
  • 第12後方支援連隊輸送隊:1991年平成03年)3月29日新編。
  • 第13輸送隊:1962年(昭和37年)1月18日新編。
  • 第13後方支援連隊輸送隊:1991年(平成3年)3月29日新編。

旅団の輸送隊[1]

  • 第5後方支援隊輸送隊:2004年(平成16年)3月28日改編。
  • 第11後方支援隊輸送隊:2008年(平成20年)3月26日改編。
  • 第12後方支援隊輸送隊:2001年(平成13年)3月27日改編。
  • 第13後方支援隊輸送隊:1991年(平成3年)3月29日改編。
  • 第14後方支援隊輸送隊:2006年(平成18年)3月27日新編。

輸送科の機関等編集

職種学校

教育支援部隊

  • 第311輸送中隊(朝霞駐屯地):1975年(昭和50年)3月26日新編。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 第15後方支援隊歌”. www.mod.go.jp. 2020年3月19日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集