十二支のひとつで第5番目
Dragon.svg
十干
十二支
Central Dragon.jpg

(たつ、しん)は十二支のひとつである。通常十二支の中で第5番目に数えられる。

前は、次はである。

概要編集

  • 辰年は、西暦年を12で割って8が余る年が辰のとなる。
  • 辰の月は旧暦3月(概ね新暦4月
  • 辰の刻は午前8時を中心とする約2時間。
  • 辰の方は北基準右廻り120°(南東よりやや東、東南東よりやや南、南東微東よりやや東)の方角である。
  • 基本性質の五行に関しては諸説があり、古典などでは春季に属することから木気(土用時は土旺)とされていたり[1]、後世の一部識者などの考察では土気に属する(根拠や裏付けは不明)といった説などが存在している[2][3]
  • 蔵干は本気が、中気が、余気が
  • 陰陽は陽である。

なお、現在の暦では辰年は通常閏年となる(他に子年、申年も同様)。辰年で閏年にならない年は、前回は1700年、次回は2300年であり、必ず干支庚辰となる。

伝承編集

漢書』律暦志によると辰は「振」(しん:「ふるう」「ととのう」の意味)。草木の形が整った状態を表しているとされる。

後に覚え易くするために神話動物のが割り当てられた。東南アジアではナーガ[4]、ペルシャではクジラや大海蛇[5][6]グルン族の十二支では鷲、トルコでは魚やワニ等の動物に置き換えられている。アンタレスを象徴するともされる[7]

相場格言に「辰巳天井、午尻下がり、未辛抱、申酉騒ぐ。戌は笑い、亥固まる、子は繁栄、丑はつまずき、寅千里を走り、卯は跳ねる」があり、辰年の相場は俗に上昇相場と言われる[8]

辰を含む干支編集

その他編集

文化大革命の際には、ジャイアントパンダを代わりに十二支として設定する動きもあり、南京町が十二支像を中国に発注した際に)像の代わりにパンダ像が手違いで届いた原因ともされている[9]

脚注編集

  1. ^ 余春台『窮通宝鑑』
  2. ^ 三木照山『四柱推命学の完全独習』
  3. ^ 稲田義行『十二支読本』
  4. ^ Year of the Dragon – Naga – Thai Zodiac”. Thai Guide to Thailand. 2017年6月9日閲覧。
  5. ^ Rasulid Hexaglot. P. B. Golden, ed., 2000年, The King's Dictionary: The Rasūlid Hexaglot – Fourteenth Century Vocabularies in Arabic, Persian, Turkic, Greek, Armenian and Mongol, tr. T. Halasi- Kun, P. B. Golden, L. Ligeti, and E. Schütz, HO VIII/4, Leiden
  6. ^ Jan Gyllenbok, 2018年, Encyclopaedia of Historical Metrology, Weights, and Measures, Volume 1, 244項.
  7. ^ Richard S. Cook (Spring 1997). “The Etymology of Chinese Chen”. Linguistics of the Tibeto-Burman Area (カリフォルニア大学バークレー校) 18 (2): 250. Fall 1995. ISSN 0731-3500. LCCN 82--64081. OCLC 4790670. http://linguistics.berkeley.edu/~rscook/socrates/public_html/html/LTBA-18.2.html. 
  8. ^ 金融市場 NOW, 2013年12月19日, 金融市場NOW Financial Market Review vol.121(PDF), Financial Market Review, Vol.121, ニッセイアセットマネジメント, 2020年1月13日閲覧。
  9. ^ R&S, 2005年12月30日, 十三番目の干支はパンダだった!?, エキサイトニュース, エキサイト

関連項目編集