メインメニューを開く

来歴・活動編集

福岡県生まれ[5]東京都福生市育ち[6]

テレビコマーシャルや企業ポスターなどに出演。2006年からはアイドルユニット「桜(もも)mint's」のメンバーとして活動。2007年にはミスFLASH2007グランプリを獲得[7]稲生美紀に続き2代目。

2016年12月11日のブログで、翌2017年1月を以って撮影会モデルを卒業することを発表[8]、翌2017年1月28日がラスト撮影会となった。また翌2017年1月2日のブログで「事情により今までのようにグラビアDVDなどのお仕事をするのが難しくなってしまう」として、グラビアアイドルからも事実上卒業することを報告した[9]が、2019年1月27日発売の写真集『N30』でグラビアの仕事に復帰した。

人物編集

  • 父親はわたみん家の西日本の営業部長であり、本人もワタミが主催している「北海道自然学校」の1期生である[10]
  • 幼少よりエレクトーンを、小学生時代にチューバ、中学生時代からトロンボーンを経験する。絶対音感を持つ。吹奏楽関係の作品に出演することが多い。『スウィングガールズ』には、小林陽子(トロンボーン)役で出演。ビッグバンドとしてのスウィングガールズにおいては中低音域を担当。メンバー中最年少で「エピソードに事欠かない問題児」と共演者・スタッフから評される。また、『ビートキッズ』では、タカタカ(吹奏楽部員)役で出演。
  • 腰の関節が柔軟でしなやかである。それを大いに生かして、ウエストのくびれを強調するポーズが得意である。エビぞり後屈をすると、頭と足の裏が楽にくっつく。
  • ゴッドタン』に出演した際、大喜利形式のコーナーでおぎやはぎ小木博明を圧倒。以降おぎやはぎに『大喜利の天才』と呼ばれ、『おぎやはぎのメガネびいき』にゲスト出演し、「女だらけの大喜利大会」にて優勝を果たした。
  • 『ゴッドタン』の「M女オーディション」にて生来のドMぶりを遺憾なく発揮、審査委員長の有吉弘行から「マダムMフライ」とのアダ名を拝受する。
  • モデルの仲村美香は中学校時代の同級生[11]

主な出演作品編集

テレビドラマ編集

バラエティ番組編集

ラジオ編集

インターネット番組編集

映画編集

舞台編集

CM編集

インターネット編集

PV編集

その他編集

リリース作品編集

DVD編集

  • スウィングガールズ ファースト&ラスト コンサート(2005年4月6日、ポニーキャニオン
  • Touch me (2007年3月9日、竹書房
  • ラグジュアリー (2007年9月20日、イーネット・フロンティア
  • Amabile (2007年12月21日、リバプール
  • Cafe' Latte (2008年2月22日、リバプール) - 大友さゆりとのコラボ
  • Take Off! (2008年4月25日、ぶんか社
  • JUICY! (2008年8月29日、リバプール)
  • Treasure (2008年11月26日、リバプール)
  • Pastime (2009年2月20日、イーネット・フロンティア)
  • ひとナツの恋 (2009年6月26日、竹書房)
  • 月刊辰巳奈都子「LOVE NO TOUCH」(2009年10月23日、イーネット・フロンティア)
  • PLEASE×3〜小悪魔なっちゃん&マンゴー乳青島編〜(2009年10月23日、リバプール) - 青島あきなとのコラボ
  • 大好きだよ (2010年2月6日、ワニブックス
  • Grooving (2010年5月22日、トリコ)
  • ナツコイ (2010年8月20日、ラインコミュニケーションズ)
  • 完全監視(2011年4月27日、イーネット・フロンティア)
  • Twenty Four(2012年1月27日、category
  • 眠狂四郎無頼控(2012年3月13日、講談社
  • tatsumi(2012年4月25日、Air control
  • 美艶華(2015年1月30日、グラッソ
  • うらはら(2015年11月20日、イーネットフロンティア
  • 万華鏡(2016年3月25日、グラッソ

写真集編集

デジタル写真集編集

  • 辰巳奈都子 デジタル写真集 Part1 「誘惑」(アスペクトデジタルメディア)
  • 辰巳奈都子 デジタル写真集 Part2 「挑発」(アスペクトデジタルメディア)

脚注・出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 2009年7月31日付「辰巳奈都子のオフィシャルブログ」内記事ほか
  2. ^ スクスイ14のデータではA型となっている
  3. ^ “辰巳奈都子、2年9ヵ月ぶりのグラビアDVD「衣装は透けていて水着も小さい」”. マイナビニュース (マイナビ). (2015年2月15日). http://news.mynavi.jp/news/2015/02/15/118/ 2015年6月3日閲覧。 
  4. ^ セクシーです! 辰巳奈都子 透ける花柄にドキッ”. スポーツニッポン (2010年2月13日). 2010年4月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月7日閲覧。
  5. ^ 辰巳奈都子オフィシャルブログ 2010年12月6日「福岡到着~(´▽`) 」(閲覧日:2017年4月10日)
  6. ^ 辰巳奈都子Facebook(自己紹介)(閲覧日:2017年4月10日)
  7. ^ “ミスFLASH 2007”の辰巳奈都子、武器は腰のくびれ!!”. ASCII (2007年7月17日). 2015年11月7日閲覧。
  8. ^ 撮影会無事終了しました(*^^*)”. 辰巳奈都子のオフィシャルブログ (2016年12月11日). 2017年1月25日閲覧。
  9. ^ 2017年始まりました!!”. 辰巳奈都子のオフィシャルブログ (2017年1月2日). 2017年1月21日閲覧。
  10. ^ ニューズムック「ワタミFan」P48より(ニューズ出版、2007年11月16日)
  11. ^ NEW HAIR”. 仲村美香オフィシャルぶろぐ「Mikan blog.」 (2012年8月24日). 2013年3月3日閲覧。

外部リンク編集