農業問題研究学会

農業問題研究学会(のうぎょうもんだいけんきゅうがっかい、英語: RURAL ISSUES ASSOCIATION OF JAPAN、略称:農問研)は、科学的な相互批判を通じて農業問題の理論的・実証的な研究をおこなうことを目的とした日本学会

沿革編集

  • 1956年 - 農業経済学会「若手懇」有志らによる「土地問題」をテーマとした研究会として発足する[1]
  • 1959年 - 農業問題研究会が設立される
  • 1999年 - 文部省学術登録団体として認可
  • 2000年 - 農業問題研究学会に改称
  • 2008年 - 学会創立50周年記念事業として『現代の農業問題』を公刊[2]

運営組織編集

代表幹事の招集により通常総会が毎年1回開催され、決算の承認、予算案の議決、幹事会の選出など、重要な会務が議決される。

歴代代表幹事編集

氏名  期間(年度) 所属
矢口芳生 2005 - 2006 東京農工大学
加瀬良明 2007 明治大学
酒井富夫 2008 - 2009 富山大学
津田渉 2010 - 2011 秋田県立大学
荒井聡 2012 - 2013 岐阜大学
香月敏孝 2014 - 2015 愛媛大学
山崎亮一 2016 - 2017 東京農工大学
磯田宏 2018 - 九州大学

脚注編集

  1. ^ 農業問題研究学会”. 学会名鑑. 日本学術会議日本学術協力財団科学技術振興機構. 2019年2月17日閲覧。
  2. ^ 農問研ニュース 第 14 号”. 2019年2月18日閲覧。

外部リンク編集