農民 (小説)

オノレ・ド・バルザックの小説

農民』(のうみん、フランス語: Les Paysans)は、フランスの作家オノレ・ド・バルザックが遺した長編小説。彼の死後、ハンスカ夫人によって1855年に発表された。P.S.B.ガヴォーへ捧げた序文、第一篇、第二篇およびあとがきから構成される。本来は未完だったのが、ハンスカ夫人によって結末がつけられた。

農民
Les Paysans
エドゥアール・トゥードゥーズによる挿絵(1897年版)
著者 オノレ・ド・バルザック
発行日 1855年
フランスの旗 フランス
言語 フランス語
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

概要編集

1834年バルザックはジュネーヴでハンスカ夫人から次のような申し出を受けた。すなわち彼女と彼女の夫ヴァツワフ・ハンスキ英語版氏のために、それぞれ一つずつ小説を書いていただきたい。自分には「カトリック僧」という題名で、それからハンスキ氏には「大地主」という題名で書いていただきたいというのである。ハンスキ氏はウクライナで三千人の農奴を使役し、資産一千万ルーブルを擁する大地主であり、ハンスカ夫人のほうは当時のスラヴ系貴族にありがちな篤信の神秘主義者であった。少なくともバルザックの目には夫人がそういうふうに映っていた。だからハンスカ夫人の申し出は別に唐突でもなんでもなかったわけである。

そこでバルザックは快く愛人の頼みを引き受けたが、しかし二人の希望は右のような題名のままでは実現せず、「カトリック僧」は『セラフィタ』(1834 〜 35)となり、「大地主」のほうは『農民』となった。

歴史編集

 
冒頭で詐欺の材料とされる、実際はいないカワウソ

本文の一部分が新聞に発表されたのが1844年単行本としてまとめられたのが1855年であるから、この作は発表まで十年、完成までに二十年かかったことになる。バルザックは長編を多く書き、したがって製作過程もさまざまだが、これほど腹案に手間取り、書き出してから進行の遅かった作も珍しい。しかもバルザックはこの小説でさんざん手を焼いたあげく、とうとう中途で投げ出してしまい、ついに未完成のまま1850年に世を去った。現在のような形で『農民』が残ったのは、ひとえにかれの未亡人、ーーーーすなわち十幾年かのむかしジュネーヴでバルザックに『農民』製作の第一歩を示唆したハンスカ夫人のおかげである。彼女は再婚後いくばくもなくして死に別れた二度目の夫の遺稿に手を加え、ともかく一応のまとまりをつけて出版したのであった。

登場人物編集

出自は金細工師の息子だが、戦功があってナポレオンが叙爵、財をなす。胸甲兵大佐、エーグの土地の領主。
ラ・ヴィル・オー・ファイ市長、一帯の権力者。伯爵にエーグの管理人の職を追われた過去があり、伯爵の行政を妨害する。
  • シビレ
エーグの管理人、主人に新しい陰謀を企てる。
  • リグー
田舎のヤミ金融家。
  • リュパン
公証人。
  • スーランジュ
元憲兵。

参考文献編集

  • Henri Bachelin, « Les Paysans, critique du texte de Balzac », Mercure de France, , no 618, p. 642-671.
  • Pierre Barbéris, « Notes sur une édition récente des Paysans », Revue d’histoire littéraire de la France, 1965, no 65, p. 494-502.
  • Thierry Bodin, « Généalogie de la médiocratie dans Les Paysans », L'Année balzacienne, 1978, .
  • Thierry Bodin, « L’Accueil aux Paysans : de l’anathème à la gloire », L’Année balzacienne, 1977, .
  • Thierry Bodin, « L’Arcadie n’est pas en Bourgogne ou Balzac, Les Paysans et Paul Louis, vigneron », Stendhal-Balzac. Réalisme et cinéma, Grenoble, PU de Grenoble, 1978, p. 67-82.
  • Thierry Bodin, « Le Neveu de Rameau et Les Paysans », L’Année balzacienne, 1968, -422.
  • Denise Brahimi, « Paysage et politique dans deux romans, Les Paysans de Balzac et Le Conservateur de Nadine Gordimer », Compar(a)ison: An International Journal of Comparative Literature, 1998, no 2, p. 93-107.
  • Nicole Célestin, « Balzac et la chronique tourangelle : Tours, Mère, Le Lys et Les Paysans », L’Année balzacienne, Paris, Garnier Frères, 1965, p. 121-129.
  • Ione Crummy, « The Subversion of Gleaning in Balzac’s Les Paysans and in Millet’s Les Glaneuses », Neohelicon, 1999, no 26, vol. 1, p. 9-18.
  • Jean-Hervé Donnard, « À propos des Paysans : Touraine et Bourgogne »,Stendhal-Balzac. Réalisme et cinéma, Grenoble, PU de Grenoble, 1978, p. 59-64.
  • Jean-Hervé Donnard, « À propos des Paysans : fictions et réalités », Cahiers de l’Association Internationale des études françaises, 1963, no 15, p. 341-348.
  • René Durr, « À propos de l’Yonne dans Les Paysans de Balzac », Stendhal-Balzac. Réalisme et cinéma, Grenoble, PU de Grenoble, 1978, p. 83-88.
  • Peter Fitting, « Effet esthétique, effet idéologique : lectures de Balzac, Les Paysans », Le Roman de Balzac. Recherches critiques, méthodes, lectures, Montréal, Didier, 1980, p. 185-194.
  • Francois Jacolin, « Les Paysans et l’état social des campagnes de l’Yonne sous la Restauration », L’Année balzacienne, 1974, -150.
  • Fredric Jameson, « The Political Unconscious », The Novel: An Anthology of Criticism and Theory, 1900-2000, Malden, Blackwell, 2006, p. 413-433.
  • Patricia Kinder, « Balzac, la Gazette de France et Les Paysans », L’Année balzacienne, 1973, -143.
  • Pierre Laforgue, « Le communisme aux champs, ou Sand, Balzac et le roman des paysans (1844-1846) (enjeux politiques et poétiques) », George Sand Studies, 2006, no 25, p. 98-115.
  • Jean-Pierre Leduc-Adine, « Paysan de dictionnaire, paysan de roman ou un modèle textuel pour une représentation sociale de la paysannerie au milieu du XIXe siècle », Au bonheur des mots. Mélanges en l’honneur de Gérald Antoine, Nancy, PU de Nancy, 1984, p. 91-106.
  • Pierre Macherey, « Histoire et roman dans Les Paysans de Balzac », Sociocritique, Paris, Nathan, 1979, p. 137-146.
  • James W. Mileham, « Group Names in Balzac’s Les Paysans », Romance Notes, hiver 1982, no 23, vol. 2, p. 140-145.
  • Marianne Milhaud, « Les Paysans », Europe, 1965, -430, p. 286-288.
  • A. Namaan, « Une lecture “tiers-mondiste“ des Paysans de Balzac », International Perspectives in Comparative Literature: Essays in Honor of Charles Dédéyan, Lewiston, Mellen, 1991, p. 81-95.
  • Paule Petitier, « Les Paysans, une anamorphose de La Comédie humaine », Balzac, Œuvres complètes. Le moment de « La Comédie humaine », Saint-Denis, PU de Vincennes, 1993, p. 269-279.
  • Roddey Reid, « Realism Revisited: Familial Discourse and Narrative in Balzac’s Les Paysans », MLN, , no 103, vol. 4, p. 865-886.
  • Vicomte de Spoelberch de Lovenjoul, La Genèse d'un roman de Balzac. « Les Paysans ». Lettres et fragments inédits, lib. Paul Ollendorff, Paris, 1901. Lire en ligne.
  • Sigbrit Swahn, Le Pourquoi du récit. Étude d’un roman inachevé de Balzac, « Les Paysans », Uppsala, Uppsala University, 1999.
  • Sigbrit Swahn, « Poétique des Paysans : l’anti-idylle dans un roman de Balzac », L’Année balzacienne, , no 20, vol. 1, p. 217-227.
  • Michael Tilby, « Sur quelques éléments intertextuels des Paysans : Balzac, Walter Scott et Théophile Gautier », L’Année balzacienne, 2001, no 2, p. 283-304.
  • Isabelle Weill, « Balzac auteur médiéval satirique dans Les Paysans », Annuaire de la Société Internationale Renardienne, 1997, no 10, p. 181-195.

近代仏・露において田園を舞台とする小説編集

近代フランス・ロシアにおいて田園を舞台とする小説
# 作品 作者 年次 分類
1 『田舎医者』 オノレ・ド・バルザック 人間喜劇
2 『村の司祭』 同上 同上
3 『農民』 同上 同上
4 『悪魔が淵』 ジョルジュ・サンド 1844年 牧歌小説
5 『棄て児フランソワ』 同上 1847年 同上
6 『愛の妖精』 同上 1848年 同上
7 『笛師のむれ』 同上 1853年 同上
8 『大地』 エミール・ゾラ 1882年 苛烈な自然主義
9 『桜の園』 アントン・チェーホフ 1903年 哀歌的自然主義

脚注編集

[脚注の使い方]