このページの項目名には、環境により表示が異なる文字があります。公式の表記ではしんにょう)の点が一つです。

よしなり(つじ よしなり、1961年3月29日 - )は、日本フリーアナウンサータレント。元テレビ朝日アナウンサー。本名、 義就(読み同じ)。埼玉県岩槻市(現・さいたま市岩槻区)出身。サンズエンタテインメントと提携。個人事務所は(有)ツジプランニングオフィス。血液型はA型。

つじ よしなり
よしなり
プロフィール
本名 義就
出身地 日本の旗 日本 埼玉県さいたま市
生年月日 (1961-03-29) 1961年3月29日(61歳)
血液型 A型
最終学歴 慶應義塾大学法学部政治学科
所属事務所 サンズエンタテインメント
職歴テレビ朝日アナウンサー
活動期間 1983年 -
公式サイト

サンズエンタテインメントHP

辻よしなりオフィシャルHP
出演番組・活動
出演中エンタメコロシアム』『大!天才てれびくん』 『奈美悦子・辻よしなりのちなみに?』『辻よしなりの「週末アソビナビ」』『DJモノフェスタ』など
出演経歴ワールドプロレスリング』など

略歴編集

岩槻中学校、城北高等学校慶應義塾大学法学部政治学科卒業。1983年、アナウンサーとしてテレビ朝日(全国朝日放送)に入社。報道番組(『早起き一番 天気&ニュース』『おはようテレビ朝日』『スポーツフロンティア』『フロンティア』)から情報・バラエティ番組(『トゥナイト2』『タモリ倶楽部』『炎のチャレンジャー』)、さらにスポーツ番組(プロレスプロ野球など)までさまざまな分野の番組を担当する。その中でもプロレス中継『ワールドプロレスリング』にて数々の名実況を行い、番組を盛り上げた。

2000年10月にテレビ朝日を円満退社し、同年、有限会社ツジ・プランニング・オフィス (TPO) を設立。名前も本名「義就」から「よしなり」に改め、フリーアナウンサーとして、テレビ・ラジオ番組で活躍している。

辻自身の個人事務所ツジプランニングオフィスに併行して、2010年8月よりマネージメントをサンズエンタテインメントに委託している。

テレビ朝日退社後も『やじうまプラス土曜版』の総合司会や『ワールドプロレスリング』など、テレビ朝日の仕事をしばらく続けていた。

2002年頃、短期間ではあるが、CS放送「FIGHTING TV サムライ」において「ZERO-ONE」中継の実況を行っていた。

バラエティ番組での仕事が多いが、2005年8月4日にビッグマウス主催のプロレスイベント「ファンタジーファイトWRESTLE-1」で約1年ぶりに、2007年6月29日のイノキ・ゲノム・フェデレーション旗揚げ戦では、約2年ぶりにプロレス実況を担当した。

プロレス好きの桑田佳祐との親交が深く、桑田の依頼でサザンオールスターズのライブのオープニングアナウンスを何度か務めており、はプロレスの実況の如く名文句でメンバーを紹介する。プライベートでも、家族ぐるみでの交友があるという。

私生活では離婚歴があり、46歳のときに元客室乗務員の女性(当時41歳)と再婚した。

2008年、富士スピードウェイで行われた『F1日本グランプリ』の実況を務めた[1]

テレビ東京の『朝は楽しく!』ではメイン司会として、文化放送『よしなり ラジオグラフィティ』ではパーソナリティとして活躍。実況とともに、司会者として確立。

2010年、テレビ東京系で放送された寛仁親王牌決勝戦中継で、初の競輪実況を担当(BSジャパンではテレビ東京制作のものとは別内容で群馬テレビ制作のものを放送していた)。実況するにあたっての手ほどきを、元RFラジオ日本アナの樋口忠正から受けた。

NHK総合、NHK BS-1で放送された「エアレース世界選手権」では実況や海外からの現地レポータ―をつとめた。

現在でもプロレス関連の番組、イベントの出演が多い。

日本RV協会の「キャンピングカー応援団長」を務め、自身もキャンピングカーを所持している。

大の愛犬家でもある。

プロレスに関するエピソード編集

  • 古舘伊知郎降板後のメイン実況としてワールドプロレスリングを担当するが、当初は何かと古舘との比較をされ、視聴者のウケも悪く非常に悩んだと言う。しかし徐々に彼の実況スタイルも視聴者に受け入れられるようになり、1970年代の舟橋慶一、1980年代の古舘伊知郎と並ぶ、1990年代を代表する実況アナとなった。
  • 特に強く感情を込めて実況をするのが特徴であり、ワールドプロレスリングにて実況担当であった先輩アナウンサー古舘の実況スタイルを模倣していると言われている。
  • 長州力を尊敬し、「古舘さんにアントニオ猪木がいたように、私には長州力がいたんです」と自ら語り、彼についての著書がある。2019年6月26日に後楽園ホールで行なわれた「POWER HALL2019」メインイベントの長州力引退試合において、放送を行なったFIGHTING TV サムライの実況を行なった。
  • ワールドプロレスリングの実況を行っていた間、辻と新日本プロレスは切り離せない関係とも言え、数々の名文句を残した。マサ斎藤を「獄門鬼」「戦うネロンガ」、橋本を「破壊天子」「爆殺シューター」、蝶野を「熱血バタフライ宣言」「極悪バタフライ」、武藤敬司を「プロレスファンタジー」「セクシャルターザン」「Sir.promenade」「ときめきのバージンレッド」、野上彰を「ムササビ殺法」、越中詩郎を「戦う白袴」「ド演歌ファイター」「ダイヤモンドより堅い尻」、大谷晋二郎の得意技「スワンダイブ」、小島聡の「日本一のラリアッター」「コジマカッター」(後に「コジコジカッター」で現在も定着)、高岩竜一の得意技「餅つき式パワーボム(エンドレスパワーボム)」、佐々木健介の「マッスルエリート」「マッスルボルケーノ」、といった命名は辻のオリジナルによるものである。

語録編集

出演番組編集

テレビ編集

ラジオ編集

ウェブテレビ編集

映画編集

  • LADY PLASTIC(2001年、ハマーズ) - 実況アナウンサー 役[3]
  • タイガーマスク(2013年、アークエンタテインメント)- 実況アナウンサー 役
  • デルシネ「エル・シュリケンvs新昆虫デスキート」(2016年10月15日京都国際映画祭・2017年4月23日沖縄国際映画祭、他上映)[4] - アナウンサー 役

出演CM編集

  • アサカワホーム
  • 液体ムヒ(池田模範堂
  • ペッパーチーズ ダブルマック(日本マクドナルド
  • パチンコ CR松浦亜弥(フィールズ
  • Cook Do飯店 炒飯(味の素
  • ハズキルーペ
  • サントリーセサミンEX
  • サントリーロコモア
  • トーカ堂テレビショッピング

ゲーム編集

イベント編集

過去に出演した番組編集

テレビ編集

ラジオ編集

書籍編集

単著編集

共著編集

脚注編集

  1. ^ 現地実況のみ、テレビ中継の実況はフジテレビ塩原恒夫が担当した。
  2. ^ 「亀田興毅に勝ったら1000万円」対戦相手決定”. ナリナリドットコム (2017年5月2日). 2017年5月7日閲覧。
  3. ^ 公式ホームページ”. HAMMERS. 2022年10月7日閲覧。
  4. ^ 観客が出るシネマ”、日替わりで和牛、アキナ、祇園、霜降り明星ら登場”. お笑いナタリー. ナターシャ (2017年5月5日). 2017年5月11日閲覧。
  5. ^ 実況格闘

外部リンク編集