辻 信太郎(つじ しんたろう、1927年12月7日 - )は、日本実業家作家山梨県職員を経て、株式会社サンリオを創業。同社代表取締役会長

つじ しんたろう

辻 信太郎
生誕 (1927-12-07) 1927年12月7日(96歳)
日本の旗 日本 山梨県
別名 いちごの王さま
出身校 桐生工業専門学校化学工業学科卒業
職業 実業家
作家
地方公務員
著名な実績 サンリオ創業
子供 辻邦彦
親戚 辻朋邦(孫)、辻友子(義娘)[1]
テンプレートを表示

来歴・人物

編集

創業以来2020年6月まで同社の社長を務めた。サンリオ作品の原作・脚本を執筆するなどの創作活動も手がけている。日本文芸家協会日本ペンクラブ会員。

長男はサンリオ副社長を務めた辻邦彦(2013年没)。また現社長・辻朋邦は孫。

サンリオが発行する『いちご新聞』で毎号コラムを掲げる「いちごの王さま」は辻の分身的存在であり、王さまの姿を借りて「世界中がみんな仲良く平和に暮らせるように」との願いを発信し続けている。

略歴

編集

エピソード

編集

著書『これがサンリオの秘密です。』中で、マクシム・ゴーリキーの戯曲『どん底』、アンドレ・ジッドの小説『狭き門』、ジャン=ポール・サルトルの小説『壁』に感銘を受けたと記している[3]。いちご新聞の連載などでは、中国の古典からの引用も見られる。

主な作品

編集

主な著書

編集
  • 『湖のメルヘン』サンリオ、2008年 ISBN 978-4-387-08087-9
  • 『いちごの王さまのメッセージ』 サンリオ、2007年12月 ISBN 978-4-387-07141-9
    いちご新聞」でいちごの王さまとして綴った480本の同名コラムから32本を選んでまとめたもの。
  • 大切な仲間たち 〜ねずみ物語〜』サンリオ、2007年 ISBN 978-4-387-07039-9
  • 『卯歳生まれは、ベタモテ運の人―気のつかい過ぎは優しさの証明』三五館、2004年 ISBN 978-488320-296-6
  • 『これがサンリオの秘密です。』扶桑社、2000年 ISBN 978-4-594-02866-4
  • 『社長大学―ホンネで語る20の極意』日本経済新聞社、1989年 ISBN 978-4-532-09488-1

注釈

編集
  1. ^ 給与を5級11号から5級14号への昇給[3]
  2. ^ 知事が東京の税務署に手をまわして許可させたもの[3]

脚注

編集
  1. ^ 島大輔 (2018年3月14日). “29歳、創業家出身専務はサンリオを救えるか”. 東洋経済新報社. 2020年8月15日閲覧。
  2. ^ 武川重太郎『小説山県大弐』サンリオ出版、1974年10月。 
  3. ^ a b c d e 辻信太郎『これがサンリオの秘密です。』扶桑社、2000年。ISBN 978-4-594-02866-4 
  4. ^ いちごの王さまからのメッセージー「仲良く助け合って生きること」の大切さをもう一度、よく考えてみましょう。 いちご新聞2021年8月号
  5. ^ a b c 独占インタビュー サンリオ辻会長がみた戦争(2020年8月28日) - テレ東NEWS
  6. ^ a b c d e 第51回定時株主総会招集ご通知 (PDF, 約1MB) 2011年6月7日 株式会社サンリオ
  7. ^ 当社代表取締役の逝去に関するお知らせ” (PDF). 株式会社サンリオ (2013年11月20日). 2013年12月7日閲覧。
  8. ^ サンリオ、初のトップ交代 創業60年、決算は大幅減益共同通信2020年6月12日
  9. ^ 「かわいいで世界平和を!」サンリオ創業者の平和へのメッセージTBS NEWSオフィシャルYouTubeチャンネル
  10. ^ 愛のファミリー - 映画.com. 2017年10月3日閲覧。
  11. ^ 愛のファミリー - シネマトゥディ. 2017年10月3日閲覧。

関連項目

編集

外部リンク

編集