メインメニューを開く
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

辻 恭彦(つじ やすひこ、1942年6月18日 - )は、愛知県名古屋市西区出身の元プロ野球選手捕手)・コーチ解説者

辻 恭彦
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県名古屋市西区
生年月日 (1942-06-18) 1942年6月18日(77歳)
身長
体重
171 cm
83 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1962年
初出場 1963年6月2日
最終出場 1984年10月13日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴
  • 横浜大洋ホエールズ (1985 - 1987)
  • 阪神タイガース (1988 - 1992)
  • 横浜ベイスターズ (1993 - 1998)
  • WIEN BASEBALL CLUB
  • 横浜球友クラブ
  • 国際総合伊勢原クラブ
  • 明治学院大学

来歴・人物編集

兄弟に混じって野球に興じ、小学5年生の時から本格的に取り組むようになり、中学3年次の1957年から捕手となった。中学卒業後は享栄商業に進学するもグラウンドがなく、仲間と学校から走って40分も離れた山中に練習の場を整備したが、作業中に友人が土砂に巻き込まれて命を落とす。このことがきっかけで一度も練習を休まず取り組むようになり、3年次の1960年に同期のエース・吉山智久(中日)とバッテリーを組み、3番打者として夏の甲子園県予選決勝に進出。後にプロで同僚となる豊橋工のエース・牧勝彦を打ち崩して甲子園出場を決めたが、甲子園では1回戦で広野功多田勉を擁する徳島商に2-4で敗退[1]。高校卒業後は1961年西濃運輸へ入社し、1年目から5~6番を打つ好打者として活躍。2年目の1962年には都市対抗にチーム初出場を決めたが[2]、1回戦で常磐炭鉱に9回サヨナラ負けを喫し、大会終了後に阪神タイガースへ入団。2年目の1963年土井垣武コーチの指導を受け、同年6月2日中日戦(甲子園)にフランク・ヤシックの代打で初出場を果たすと、11日の中日戦(中日)では地元の試合で初めて先発マスクを被る。毎日ブルペンで400~500球を受けるタフネスぶりから、運送会社出身であったこともあり、土井垣に「ダンプ」というニックネームを付けられる[3]。3年目の1964年には9月30日のシーズン最終戦・中日戦(甲子園)で河村保彦から初安打を放ち、リードでも古沢憲司太田紘一若生智男ピーター・バーンサイド渡辺省三の5人を引っ張って勝利に導いた。1965年10月14日広島戦(広島市民)では大羽進から初本塁打を放ったほか、エース・村山実の延長12回完投勝利をアシスト。同年は二軍で29打点を記録し、ウエスタン・リーグの打点王を獲得。この頃から一軍での試合出場も増え始め、1967年江夏豊が入団すると、藤本定義監督が「江夏のように繊細でわがままなタイプにはダンプが向いとる」ということで江夏ー辻のバッテリーを編み出す。同年のシーズンオフには江夏から「もっと三振が取りたい」という相談を受けるが、辻は悩んだ末に「新たな変化球を覚えると武器のスピードを殺すので、ボール1個の単位で上下左右に投げ分けるコントロールを付けさせる」という結論に達し、江夏にそのトレーニングを命じている。1968年には「ヒゲ辻」こと正捕手・辻佳紀の不調や和田徹外野手転向もあり、先発マスク71試合を含む86試合に出場。同年は9月17日巨人戦(甲子園)で江夏の354奪三振をアシストしたほか、10月8日の中日戦(中日)で新宅洋志から奪った383個目の三振、10月10日の中日戦(甲子園)ではMLB記録を上回る401奪三振の達成にも貢献。1969年には田淵幸一の入団で控え捕手に回るが、キャッチング技術を江夏に信頼されていたため、江夏とはバッテリーを組む事が多かった。1971年には田淵の故障により自己最多の130試合フル出場を果たし、これはセ・リーグ捕手では初の全試合出場を記録[4]。打撃面では自己最多の8本塁打を放ったが、打率.193と2割にも到達できなかった。1972年には再び田淵の控えに回るが、1973年8月30日の中日戦(甲子園)では江夏の史上初「延長戦ノーヒットノーラン」をアシストし、2019年現在も唯一の大記録達成に貢献。1975年に辻佳紀との捕手・同姓・元チームメイト同士での交換トレード[5]で、大洋ホエールズに移籍。伊藤勲福嶋久晃に次ぐ3番手として記録以外でチームに貢献し、伊藤が南海に移籍した1979年からは福嶋の2番手となる。1982年には日本ハムから加藤俊夫が加入し、関根潤三監督が加藤・辻・福嶋のベテラン捕手3人体制を編み出す。辻は前年6勝に終わった平松政次の再生を任されたほか、新人・若手投手の育成を主に受けることとなった。シーズンオフの契約更改では、プロ入り21年目でやっと1000万円の大台に達した。現役最年長となった1983年は関根が辻の年齢的ハンデを考えて「セーブ捕手」構想を打ち出すが、5月19日の巨人戦(福井)で平松の12年ぶりの巨人戦完封をアシストしたほか、5月31日ヤクルト戦(平和台)では自身初の1試合5打点を記録するなど活躍。同年は6月時点で18試合に先発マスクを被り、この間のチーム成績は10勝7敗1分と勝ち越していた。シーズン後半に若菜嘉晴が加入すると、42歳となった1984年には出場機会が大幅に激減。同年引退。捕手で実働22年は、中嶋聡の29年、谷繁元信の27年、野村克也の26年、八重樫幸雄の23年に次ぐ記録。

引退後は大洋・横浜(1985年1997年 - 1998年二軍バッテリーコーチ, 1986年 - 1987年二軍捕手コーチ, 1993年 - 1995年二軍育成チーフコーチ, 1996年二軍育成兼バッテリーコーチ)、阪神(1988年1990年一軍バッテリーコーチ, 1989年1991年 - 1992年二軍バッテリーコーチ)、WIEN BASEBALL CLUB1999年コーチ)、横浜球友クラブ(2000年 - 2001年コーチ, 2002年 - 2003年助監督)、国際総合伊勢原クラブ(2005年 - 2014年監督)、四国アイランドリーグ(2005年巡回コーチ)、明治学院大学2015年総合コーチ)で監督・コーチを歴任。

プロ野球マスターズリーグでは札幌アンビシャスに所属していた。

エピソード編集

当時、球界には「ON(が見送ったきわどいコースの投球は)ボール」という俗説があった。辻は長嶋茂雄の打席では、江夏に内角カーブ(ストライク)、外角低め直球(ボール3個分はずしたボール)、内角カーブ(ストライク)、外角低め直球(ボール2個分はずしたボール)と投げさせた後、外角低めぎりぎりにボール1個分はずした直球を配球し、それを辻が思い切り腕を伸ばして捕球すると審判は三振をコールしたという[6]

辻と江夏は名コンビと見られていたが、プライベートでもグラウンドでも普段は余り話さなかったという[7]

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1963 阪神 4 6 6 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1964 4 7 6 0 1 0 0 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 .167 .167 .167 .334
1965 9 29 28 1 6 0 0 1 9 1 0 1 0 0 1 0 0 3 1 .214 .241 .321 .563
1966 19 26 25 0 1 1 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 1 10 2 .040 .077 .080 .157
1967 26 34 32 6 6 0 0 3 15 6 0 0 0 0 2 0 0 7 1 .188 .235 .469 .704
1968 86 278 248 17 63 10 0 7 94 29 0 1 3 1 22 2 4 41 5 .254 .324 .379 .703
1969 83 230 200 10 45 11 0 3 65 24 0 3 1 2 24 1 3 32 6 .225 .314 .325 .639
1970 62 171 150 6 33 5 0 1 41 9 1 1 5 0 14 3 2 23 7 .220 .295 .273 .569
1971 130 445 399 21 77 9 1 8 112 27 5 1 12 1 28 4 5 47 11 .193 .254 .281 .535
1972 58 99 87 12 17 3 0 4 32 9 0 0 0 1 10 3 1 11 3 .195 .283 .368 .651
1973 24 63 57 2 12 1 0 1 16 1 0 0 2 0 4 0 0 10 3 .211 .262 .281 .543
1974 23 47 43 3 6 1 0 1 10 3 0 0 2 1 1 0 0 8 4 .140 .156 .233 .388
1975 大洋 31 34 31 1 5 0 0 1 8 1 0 0 0 0 3 0 0 6 0 .161 .235 .258 .493
1976 12 19 16 0 2 0 0 0 2 1 0 0 0 0 3 0 0 3 2 .125 .263 .125 .388
1977 54 127 110 10 30 8 0 1 41 10 0 0 1 0 16 1 0 30 1 .273 .365 .373 .738
1978 37 85 69 7 14 0 0 3 23 7 0 0 2 0 12 4 2 18 0 .203 .337 .333 .671
1979 55 112 88 13 18 3 1 3 32 6 0 1 4 0 18 3 2 27 2 .205 .352 .364 .715
1980 50 71 58 10 12 4 0 0 16 4 0 0 1 0 12 1 0 20 1 .207 .343 .276 .619
1981 54 101 86 7 20 4 0 1 27 5 0 0 6 0 9 1 0 14 1 .233 .305 .314 .619
1982 75 128 118 7 23 4 1 3 38 7 1 0 2 0 8 1 0 15 5 .195 .246 .322 .568
1983 72 147 132 9 27 3 1 3 41 13 1 0 9 0 6 1 0 28 3 .205 .239 .311 .550
1984 6 10 9 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 .000 .000 .000 .000
通算:22年 974 2269 1998 142 418 67 4 44 625 163 8 8 52 6 193 25 20 353 59 .209 .285 .313 .597
  • 各年度の太字はリーグ最高

背番号編集

  • 67 (1962年)
  • 44 (1963年 - 1967年)
  • 20 (1968年 - 1974年)
  • 8 (1975年 - 1984年)
  • 82 (1985年 - 1987年)
  • 74 (1988年 - 1992年)
  • 91 (1993年 - 1998年)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  2. ^ 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年
  3. ^ 怪我が少なく丈夫で長持ちというところにも由来している。
  4. ^ 雑誌「週刊ベースボール」(ベースボールマガジン社刊)2009年3月23日号70-73ページ 「阪神歴代捕手の系譜」
  5. ^ このようなトレードが話題になった前例には、1966年オフに広島カープと阪急ブレーブスとの間で成立した、大石清投手と大石弥太郎投手との交換トレードがある。
  6. ^ 玉木正之『プロ野球大辞典』(新潮文庫、1990年)P367 - 368)
  7. ^ イメージと裏腹!? 「ダンプ」の愛称で親しまれた辻恭彦さんは超頭脳派

関連項目編集