辻 昌憲(つじ まさのり、1946年3月24日[1] - 1985年8月12日)は、日本の元自転車競技選手。

来歴編集

金沢高等学校を経て、中京大学在籍時代の1964年東京オリンピック・個人ロードレースに出場(途中失格)。

その後、島野工業(現・シマノ)に入社した後、1973年に創設されたシマノレーシングの初代監督に就任した。

1985年8月12日グリーンピア三木で行われるシマノグリーンピアロードレース大会開催のため東京に所在する日本アマチュア自転車競技連盟での打ち合わせを終えた後、その帰途のために日本航空123便に搭乗するが、群馬県多野郡上野村高天原山山中に墜落する事故に巻き込まれ、同僚社員共々死亡した。39歳没[2]

辻は政治家芸能人がよく利用する二階席(座席番号63K)に搭乗しており、座席は同事故で運命を共にした歌手・坂本九(座席番号64H)の右斜め前であった。

脚注編集