メインメニューを開く

経歴編集

国際A級に昇格し、ヨシムラスズキチームに移籍した1985年に才能を開花させ、全日本ロードレース選手権TT-F1シリーズチャンピオンを獲得、翌1986年にはシーズン序盤に足を骨折したものの[2]シリーズ二連覇を果たした。また同年の鈴鹿8時間耐久ロードレースではケビン・シュワンツと組んで3位表彰台に立った。

1987年にはアメリカに渡り、3月に開催されたデイトナ200マイルレースで2位に入る活躍を見せる。AMAスーパーバイク選手権に全戦出場する予定であったが、開幕戦でチームメイトのシュワンツの転倒に巻き込まれ、首に大きなダメージを負ってしまった。この怪我が原因で世界を舞台にした活躍チャンスを失ってしまった[3]

その後徐々に怪我から回復し、スズキのワークスライダーとしてRGV-Γ500を駆って全日本ロードレース選手権GP500クラスを戦った。1992年からはam/pmのスポンサードを得てマシンをホンダに変更、鈴鹿8耐では1993年にアーヴ・カネモトのチームでRVFを駆ってエディ・ローソンと組み、2位表彰台に立った。1995年にはHRCチームで伊藤真一と組んで再び2位を獲得した。

1996年からは「ドライダー」(ドライバー + ライダー)として4輪レースにも挑戦を開始、1998年にはホンダ・シビックタイプRを駆ってスーパー耐久シリーズにフル参戦した。第5戦十勝24時間レースで上位クラスのスカイラインGT-R等を差し置いてスーパー耐久勢トップで完走を果たす等の活躍を見せ、ST-4クラスシリーズチャンピオンを獲得した。ちなみにこの年辻本が乗った「ギャザズ・ドライダー・シビック」は、PlayStation 2レースゲームグランツーリスモ4に収録されている。

2002年には自身11回目となる鈴鹿8耐出場を果たした。42歳の辻本は岩城滉一率いるチーム・イワキから、18歳の高橋裕紀をチームメイトにVTR1000SP-2を駆り、総合30位で完走を果たした。

近年は自身がレーサーとして活躍したヨシムラチームをサポートし、国内レースに帯同している。またモータースポーツ関連番組の司会者・解説者としても活躍しており、MotoGP関連では日テレG+での生中継と、ウィック・ビジュアル・ビューロウが発売する日本語版公式DVDでの解説を務める傍ら、横須賀でカフェPILOTA MOTOを経営している。

主なレース戦績編集

全日本ロードレース選手権[4]編集

鈴鹿8時間耐久ロードレース[5]編集

開催年 バイク チーム パートナー 総合順位
1984年 カワサキ・ZX750 DICレーシングチーム 金田真一 11位
1985年 スズキ・GSX-R750 チームヨシムラモチュール 喜多祥介 6位
1986年 スズキ・GSX-R750 チームヨシムラモチュール ケビン・シュワンツ 3位
1990年 スズキ・GSX-R750R シックアドバンテージスズキRT 樋渡治 11位
1992年 ホンダ・RVF750 チームHRC 伊藤真一 DNF
1993年 ホンダ・RVF750 am/pm カネモト・ホンダ エディ・ローソン 2位
1994年 ホンダ・RVF/RC45 チームHRC 加藤大治郎 規定周回数不足
1995年 ホンダ・RVF/RC45 チームHRC 伊藤真一 2位
1996年 ホンダ・RVF/RC45 TRF HONDA 伊藤真一 11位
1997年 ホンダ・RVF/RC45 チームイワキK'Sガレージ 宗和孝宏 規定周回数不足
2002年 ホンダ・VTR1000SP-2 チームイワキ 高橋裕紀 30位
2014年 スズキ・GSX-R1000 レジェンド オブ ヨシムラスズキ シェルアドバンスRT ケビン・シュワンツ/青木宣篤 DNF

ロードレース世界選手権[6]編集

※すべて日本GP1戦のみのスポット参戦。

スーパー耐久[7]編集

  • 1996年
    • 1戦のみスポット参戦 ( ウルトラマンモデューロシビック / パートナー:伊藤真一黒木健次 )
  • 1997年
    • 5戦スポット参戦、最高位クラス7位 ( ウルトラマンギャザズシビック / パートナー:佐藤久実伊藤真一[8] )
  • 1998年
    • 8戦フル参戦、ST-4クラスシリーズ優勝 ( ギャザズ・ドライダー・シビック / パートナー:山本泰吉嶋村馨[9] )
  • 1999年
  • 2000年
    • 1戦スポット参戦、クラス2位 ( ZERO・ドライダー・シビック / パートナー:山本泰吉 )

脚注編集

外部リンク編集