辻殿

鎌倉時代前期の武家女性

辻殿(つじどの)は、鎌倉時代前期の武家女性。鎌倉幕府第2代将軍源頼家の室。

 
辻殿
時代 鎌倉時代前期
生誕 不明
死没 不明
氏族 足助氏(賀茂氏)
父母 父:足助重長(賀茂重長)、母:源為朝の娘[1][2]
兄弟 足助重秀辻殿
公暁[注 1]
特記
事項
源頼家の妻
テンプレートを表示

略歴編集

父は三河源氏足助重長(賀茂重長)で、母は源為朝の娘[1]正治2年(1200年)、鎌倉殿の地位にあった源頼家の第2子となる善哉(後の公暁)を産む[2][注 1]。頼家は建仁3年(1203年)に将軍職を追われて翌年横死し、善哉は後年僧侶になることが約束された[1]。善哉は建暦元年(1211年)に約束通り出家したが、辻殿はその前年の承元4年(1210年7月8日退耕行勇を戒師として出家している[1][4]

源頼家の妻妾としての地位編集

吾妻鏡』に辻殿は室、若狭局は愛妾との記述が存在するが、若狭局所生の一幡は嫡子に等しい扱いを受けており、誰が正室かははっきりしていない。辻殿が室として扱われたのは頼家死後に頼家の家族をまとめる後室の立場に立ったためとする見解もある[5]。また頼家の父頼朝が、父祖の義家、叔父の為朝、父の義朝と関係が深い賀茂氏の賀茂重長の娘で、比企氏の娘若狭局より家格が高い辻殿を頼家の正室に選んだとする見解もある[6]。ただし後者の見解については、若狭局の長子一幡は建久9年(1198年)の誕生時に頼朝によって頼家嫡子とされ、それによって若狭局も嫡子生母として遇されたとする見解[7]や、賀茂氏が比企氏より家格が高いというのは誤りで、重長は頼朝と直接的な関係もなく、辻殿は若狭局同様に側室だとする批判[8]もある。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ a b 公暁の生母について、『尊卑分脈』は比企能員の娘(若狭局)とし、兄・一幡と同母兄弟とする。また県篤岐本『源氏系図』は三浦氏の娘とする[3]。なお『尊卑分脈』では禅暁が辻殿の子とされているが、慈光寺本『承久記』では禅暁の母は一品房昌寛の娘とされている。

出典編集

  1. ^ a b c d 石田.
  2. ^ a b 『大日本史料』4-14, pp. 1043–1044.
  3. ^ 『大日本史料』4-14, p. 1030.
  4. ^ 『大日本史料』4-10, p. 820.
  5. ^ 永井晋 『鎌倉源氏三代記 一門・重臣と源家将軍吉川弘文館歴史文化ライブラリー〉、2010年6月21日、187頁。ASIN 4642056998ISBN 978-4-642-05699-1NCID BB02400521OCLC 644524312全国書誌番号:21794378 
  6. ^ 坂井孝一『源氏将軍断絶 なぜ頼朝の血は三代で途絶えたか』(PHP新書、2020年)
  7. ^ 佐伯智弘「『吾妻鏡』空白の三年間」[1]
  8. ^ 金澤正大「公暁の生母は源頼家の正室か―歴史雑感〔72〕―」[2]

参考文献編集