メインメニューを開く

辻田 真佐憲(つじた まさのり、1984年- )は、日本の著述家軍歌研究者、近現代史研究者。慶應義塾大学文学部卒業。同大学院文学研究科中退。

経歴編集

中学時代より世界各国の軍歌蒐集に熱中する。2005年、軍歌趣味サイト「西洋軍歌蒐集館」を開設。2011年、『世界軍歌全集 歌詞で読むナショナリズムとイデオロギーの時代』を社会評論社より上梓。43カ国、60政権、300曲の愛国歌国民歌戦時歌謡闘争歌革命歌労働歌郷土歌宣伝歌等々の翻訳と解説を編纂した同書はミリタリー愛好家に留まらない反響を得た[1][2]

軍歌趣味編集

著書およびウェブ上で、辻田は「軍歌趣味」という概念を提唱している。軍歌という音楽ジャンルは、それを肯定するにせよ、否定するにせよ、ある特定の政治的立場から扱われることがほとんどであった。対して軍歌趣味とは、そのような政治性と距離を置き、完全にニュートラルな立場から、オタク的、サブカル的な「趣味」の対象として軍歌を「消費」することを推奨するものである。

実際に、動画投稿サイトが一般に普及した現代において、軍歌音源へのアクセスは飛躍的に容易になっている。そのような環境で軍歌を非本来的用途で消費することは、戦争肯定、イデオロギー擁護といった軍歌の本来的機能を決定的に解体することを意味する、と辻田は主張している[3][4]

著書等編集

単著編集

  • 『世界軍歌全集 歌詞で読むナショナリズムとイデオロギーの時代』、社会評論社、2011年。
  • 『日本の軍歌 国民的音楽の歴史』、幻冬舎新書、2014年。
  • 『愛国とレコード 幻の大名古屋軍歌とアサヒ蓄音器商会』、えにし書房、2014年。
  • 『ふしぎな君が代』、幻冬舎新書、2015年。
  • 『たのしいプロパガンダ』、イースト・プレス、2015年。
  • 大本営発表 改竄・隠蔽・捏造の太平洋戦争』、幻冬舎新書、2016年。
  • 『天皇のお言葉 明治・大正・昭和・平成』、幻冬舎新書、2019年。

監修編集

出典編集

  1. ^ 辻田、『世界軍歌全集』、社会評論社、2011年、著者略歴。
  2. ^ 『世界軍歌全集』補完ページ(仮)”. 西洋軍歌蒐集館. 2013年2月14日閲覧。
  3. ^ 辻田、前掲書、2-3頁、422-423頁。
  4. ^ 当サイトについて”. 西洋軍歌蒐集館. 2013年2月14日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集