メインメニューを開く

辻 義文(つじ よしふみ、1928年2月6日 - 2007年2月11日)は、香川県生まれの日本経営者日産自動車社長会長日本自動車工業会会長、日本経済団体連合会副会長を歴任。日産リバイバルプラン以前、1990年代の経営危機において、日産自動車座間工場閉鎖を始め大規模なリストラを敢行した[1]

つじ よしふみ
辻 義文
生誕 1928年2月6日
香川県高松市
死没 (2007-02-11) 2007年2月11日(79歳没)
東京都品川区
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京大学工学部
職業 経営者
活動期間 1954年 - 2007年
肩書き 日産自動車社長
日産自動車会長
日本自動車工業会会長
日本経済団体連合会副会長

目次

経歴編集

香川県高松市出身[2]旧制高松中学[3]東京大学工学部を卒業後、1954年に日産自動車入社[4]。生産畑を歩み[4]、1992年同社社長就任、1996年に塙義一を後継社長として会長となり、日本自動車工業会の会長や日本経済団体連合会副会長も務めた[2]

石原俊久米豊ら歴代日産社長の拡大路線による失敗を受けて社長となり、1990年代にかけて経営危機に陥った日産のリストラを推し進めた[5]。日産自動車豪州工場、日産自動車座間工場を閉鎖、とくに1993年の座間工場の閉鎖は後の日産リバイバルプランの先鞭ともなったが[1]、工場閉鎖と併せ5000人におよぶ人員削減により社会問題ともなった[6]

日産がルノー傘下となり、カルロス・ゴーンが社長に就任した1999年、「経営責任がある」として会長職を退任[5]

2003年、旭日大綬章を受賞[7]

2007年、大動脈瘤破裂により79歳で死去[4]

人物編集

  • 公私混同を嫌い、品川御殿山にあった社長用社宅でも私用部分と公邸部分をきっちりと分け、家族の立ち入りを禁止した。出張でも高級ホテルは使わず、会長退任後は日産本社に地下鉄で通勤していた[5]。公用車のプレジデントをあてがわれたが、個人所有の日産車を自ら運転することも多く秘書に咎められたという[5]
  • 座間工場閉鎖に関しては「座間の問題は改革の一部にすぎません。社会的な影響が大きいため目立ちますが、これだけで収益が改善するわけではない」「人に嫌われるような決定は先延ばししたいですが、日産の抱える問題は、今すぐ着手しても3年後でないと成果が現れないものが多い。辛い決断も下していかなければならない」と語っている[8]。座間工場閉鎖直後、辻の体重はストレスで10キロ以上落ちた[5]
  • 山本隆三によれば、「社長なんて長くやるものではないよ」と語っている。また山本がブルーバード・オーズィー(HAU12型) が欲しいと言ったところ、「追浜で陸揚げし試験運転を行っている最中に、ブレーキを踏んだらシートが吹っ飛んだ」のでお勧めしないと答えた[1]。それほどまでに日産豪州の品質は落ちていたという逸話として言及している[1]
  • 東大在学中は柔道部[1]
  • 西川廣人は辻の社長、会長時代を通して秘書をしていた[1]

出典編集

  1. ^ a b c d e f ゴーン追放も納得!謀略とリークの「日産クーデター史」 窪田順生、ダイヤモンド・オンライン、2018年11月22日配信。
  2. ^ a b 辻義文氏死去/元日産自動車社長 四国新聞、2007年2月20日配信。
  3. ^ 政治・行政 経済 スポーツ 文化の卒業生 高松高校東京玉翠会、2019年3月14日閲覧。
  4. ^ a b c 【新聞ウォッチ】座間工場閉鎖を決断した日産の辻義文さんが逝去 福田俊之、レスポンス、2007年2月21日配信。
  5. ^ a b c d e 「社長なんて長くやるものではないよ」日産自動車の経営者は、いつ変節したのか 山本隆三、WEDGE、2018年12月31日配信。
  6. ^ 大都市圏工業の構造変化とまちづくり 日産座間工場閉鎖が意味すること 土堤内昭雄 、田中信也、ニッセイ基礎研究所、1993年7月1日。
  7. ^ 皇居で大綬章の親授式/赤松元文相ら15人 四国新聞、2003年11月5日配信。
  8. ^ 「編集長インタビュー・辻義文」日経ビジネス、1993年5月17日号。
  9. ^ 日産「セフィーロ」が獲った“幻”の特賞 20年前に起きた「事件」の真相を明かそう 千葉利宏、東洋経済オンライン、2014年12月29日配信
  10. ^ 【新聞ウォッチ】日産、辻義文さんの「お別れの会」、“戦友”ら1300人 福田俊之、レスポンス、2007年3月27日配信。

関連項目編集


先代:
久米豊
日産自動車会長
第4代:1996年 - 1999年
次代:
塙義一
先代:
岩崎正視
日本自動車工業会会長
第7代:1996年 - 2000年
次代:
奥田碩