辻芳樹

日本の実業家、料理研究家

辻芳樹(つじよしき、1964年-)は、学校法人辻料理学館理事長辻調理師専門学校校長。辻調グループ代表。一般社団法人全日本・食学会理事[1]

つじ よしき
辻 芳樹
生誕 1964年(55 - 56歳)
日本の旗 日本 大阪府
出身校 Long Island University, Southampton
職業 料理研究家、実業家
このページの項目名には、環境により表示が異なる文字があります。公式の表記ではしんにょう)の点が一つです。

人物・略歴編集

1964年大阪府に生まれる。幼稚園の頃から、父の辻静雄美食学の英才教育を受ける。11歳でイギリスに渡り、12歳でスコットランドエディンバラのフェティス校に留学。同校は規律や自主性を重んじる名門パブリックスクールで、差別やいじめに喧嘩で反抗しながら、身体を鍛え、ラグビー一軍選手やアジア人初の寮長に選ばれるに至った。静雄から「イギリスに行くか」と尋ねられた時、家族旅行のことだと誤解して喜んでいたが、島流しされたようなものと回想している[2]

アメリカ合衆国ロングアイランド大学卒業(美術史を専攻)後、投資信託ドレイファスコーポレーションに勤務し、1991年、27歳で帰国。旧大和銀総合研究所勤務を経て、早世した父の跡を継ぎ、1993年辻調理師専門学校校長、辻調グループ代表に就任する。当時29歳だった芳樹は、ほとんどが自分より年上の職員に遠慮して「最初の5年間は何もしない」と宣言してしまったため、グループに派閥ができ、優秀な人材が去る弊害が起きた。これを反省し、英国仕込みの自主性を重視して学ぶ意欲を引き出す教育に舵を切った[2]

ヨーロッパ、アメリカの食の最前線を調査研究し、その成果をプロの料理人育成に生かしている。

2000年主要国首脳会議(九州・沖縄サミット)にて首脳晩餐会料理監修。 2004年内閣官房長官知的財産戦略本部コンテンツ専門調査委員に就任。 日本料理アカデミー西日本代表理事や食文化推進懇談会委員などを務め、日本の食文化の海外発信にも積極的に取り組んでいる。

2010年にアメリカで開催された国際料理会議“Worlds of Flavor International Conference & Festival(WOF)”では 組織委員を務め、「日本料理における多様性〜伝統と革新〜」について基調講演を行った。

妻は松岡功の娘で、妻の弟が松岡修造

家族編集

著書編集

  • 『美食のテクノロジー』(文藝春秋)
  • 和食の知られざる世界』(新潮社)
  • 『すごい! 日本の食の底力 新しい料理人像を訪ねて』(光文社新書)

共著編集

編著編集

  • 『料理の仕事がしたい』(岩波ジュニア新書)

脚注・出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 全日本・食学会 組織概要
  2. ^ a b 【My Story】辻調理師専門学校校長 辻芳樹さん/男は闘い紳士になる『日本経済新聞』朝刊2019年6月23日(NIKKEI The STYLE)。

外部リンク編集