メインメニューを開く

辻 重勝(つじ しげかつ)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将田中吉政の家臣。杉江勘兵衛藤堂高虎の家臣・渡辺了(勘兵衛)と共に「三勘兵衛」と言われる。

 
辻重勝
時代 安土桃山時代 - 江戸時代初期
生誕 不明
死没 不明
別名 通称:勘兵衛
主君 田中吉政
氏族 辻氏

略歴編集

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いに従軍した。岐阜城を攻略し、石田三成の追撃戦では河渡で交戦し、石田軍の殿・杉江勘兵衛を討った。

主君・吉政が関ヶ原の戦功で筑後国柳川城32万石の大名になると、猫尾城代を務めた。