メインメニューを開く

近国(きんごく)とは、律令国の等級区分の一つである。

律令制のもとで国家体制を整えていた古代日本において、地方行政区画の一環として、畿内からの距離によって国を分けた。その結果、「近い位置にある国」が近国とされた(畿内の国は分類されない)。

近国の一覧編集

関連項目編集

国力による分類
畿内からの距離による分類

外部リンク編集