近江源氏先陣館』(おうみげんじせんじんやかた)は、全9段の人形浄瑠璃として近松半二らによって書かれ、直後に歌舞伎にもなった演目[1]


8段目は「盛綱陣屋」と呼ばれ、近年でも歌舞伎で頻繁に上演されている。佐々木盛綱、高綱兄弟が北条氏源氏に仕えて敵味方となる物語の設定で、討ち死にした弟高綱の首の真贋の確認の場面(首実検)とそれに続く物語が人気である。

解説編集

脚注編集

  1. ^ https://www.nhk-ep.com/products/detail/h18386AA

外部リンク編集