メインメニューを開く

近物レックス株式会社(きんぶつレックス、: KINBUTSUREX Co., Ltd.)は、静岡県駿東郡清水町に本社を置く物流会社である。

近物レックス株式会社
KINBUTSUREX CO., LTD.
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 近物(きんぶつ)、KBR
本社所在地 日本の旗 日本
411-8630
静岡県駿東郡清水町伏見字向田351番地
設立 1931年昭和6年)12月1日
(合資会社丸魚自動車運輸)
業種 陸運業
法人番号 8080101005494
事業内容 貨物自動車運送事業を主力とする物流事業
代表者 堀内 悟(代表取締役社長)
資本金 8億円
発行済株式総数 1600万株
売上高 連結:381億2529万4千円
単独:362億3896万7千円
(2016年3月期)
経常利益 連結:17億5836万3千円
単独:15億4311万0千円
(2016年3月期)
純利益 連結:10億8748万6千円
単独:9億6618万8千円
(2016年3月期)
純資産 連結:45億6820万2千円
単独:46億8407万6千円
(2016年3月31日現在)
総資産 連結:428億0425万8千円
単独:416億3013万5千円
(2016年3月31日現在)
従業員数 連結:2,554人 単独:2,194人
(2016年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 (株)ハマキョウレックス 73.0%
近畿日本鉄道(株) 5.0%
スズキ(株) 5.0%
(2016年3月31日現在)
外部リンク http://www.kinbutsurex.co.jp/
特記事項:経営指標は2016年3月第66期有価証券報告書による。
テンプレートを表示

目次

概要編集

元は近畿日本鉄道子会社近鉄物流であったが、2004年平成16年)に近鉄グループの再建の一環で、同じ静岡県に本拠があるハマキョウレックスに株式の過半数を譲渡し(近鉄も一部株式を継続保有)、翌年には社名も近物レックスに改めた[1]。近鉄物流時代には車体に大阪近鉄バファローズのシンボルである猛牛マーク(岡本太郎作)が描かれていた。2005年(平成17年)4月に近物レックスに改称後は、車両の標記が「近鉄」から「近物」に、「KINTETSU」から「KINBUTSU」に変更されたが、後者は「TE」の部分のみを「BU」に貼り替えたり塗り替えたりして対応したものもある。また、先述した猛牛マークも「KBR」ロゴに変更された。

特別積合せ貨物運送を主力とする中堅路線便業者であり、ヤマトホールディングスを筆頭とする特積み業者12社と提携してボックスチャーターに加盟している[2]ほか、セイノーホールディングスが主導する求荷・求車ネットワーク「エコアライアンス」に参加して貨物積載率の向上を図ったり[3]SGホールディングス傘下のSGムービングと提携し大型商業貨物の幹線輸送を担う[4]など、大手特積み業者とのアライアンスを中心とした戦略を取っていることが特徴である。

事業内容編集

荷に関わる業務を中心に幅広くカバーをしている。

  1. 貨物自動車運送事業(特別積合、一般貨物、宅配、引越)
  2. 貨物運送取扱事業(鉄道、航空、海運)
  3. 運送取次事業
  4. 倉庫業
  5. 物品販売業
  6. 自動車分解整備事業
  7. 荷造梱包作業請負業
  8. 損害保険代理業
  9. 旅客自動車運送事業(一般・特定)
  10. 労働者派遣事業
  11. 産業廃棄物収集運搬業
 
近物レックスのトラック

業務環境編集

  • 定期路線便
    • 950便
  • 事業所数
    • 107ヶ所
  • 車両
    • 3,181台
  • フォークリフト
    • 434台
  • 指定整備工場
    • 4ヶ所
  • 認証整備工場
    • 5ヶ所

沿革編集

  • 1931年昭和6年)12月 - 合資会社丸魚自動車運輸を創立
  • 1939年(昭和14年)4月 - 駿豆通運を買収し静岡 - 東京間の路線トラック便を開始
  • 1943年(昭和18年)7月 - 第二次企業統合により沼津貨物自動車株式会社となる
  • 1950年(昭和25年)5月 - 大一トラック急送株式会社を設立(昭和18年の企業統合を分割)
  • 1951年(昭和26年)12月 - 沼津貨物運送株式会社を吸収合併
  • 1959年(昭和34年)8月 - 近畿日本鉄道株式会社資本参加、系列に入る
  • 1962年(昭和37年)5月 - 豊橋運輸株式会社を合併
  • 1965年(昭和40年)
    • 9月 - 松南トラック株式会社及び東北定期運送株式会社を吸収合併
    • 11月 - 商号を近鉄大一トラック株式会社に改称
  • 1967年(昭和42年)12月 - 荘内運送株式会社より路線事業を譲受
  • 1970年(昭和45年)6月 - 青森 - 函館間の路線免許取得、北海道輸送を開始
  • 1971年(昭和46年)4月 - 東京 - 札幌間のフレートライナー輸送開始
  • 1972年(昭和47年)5月 - 海上コンテナーによる沖縄輸送開始
  • 1979年(昭和54年)6月 - 内航運送取扱業の許可を取得
  • 1983年(昭和58年)4月 - 函館 - 札幌間の路線免許取得
  • 1987年(昭和62年)12月 - 近鉄運輸株式会社と合併、商号を近鉄物流株式会社に改称
  • 1990年平成2年)11月 - 倉庫業の免許を取得
  • 1999年(平成11年)12月 - 特定旅客自動車運送事業の許可取得
  • 2004年(平成16年)10月 - 近畿日本鉄道が保有する株式の大半を株式会社ハマキョウレックスに譲渡、同社傘下に入る
  • 2005年(平成17年) 4月 - 商号を近物レックス株式会社に改称
  • 2018年(平成30年) 11月 - エービーエクスプレスの株式を取得し子会社化

関連企業編集

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集