近田豊年

近田 豊年(ちかだ とよとし、1965年12月11日 - )は、高知県宿毛市出身の元プロ野球選手投手)。日本プロ野球史上唯一のスイッチピッチャーとして知られる[1](2016年終了時点)。

近田 豊年
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 高知県宿毛市沖の島
生年月日 (1965-12-11) 1965年12月11日(51歳)
身長
体重
176 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 両投左打
ポジション 投手
プロ入り 1987年 ドラフト外
初出場 1988年4月14日
最終出場 同上
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 関電グループ硬式野球クラブ

目次

来歴・人物編集

中学時代は空手で全国大会出場の経験がある。もともと左投げ左打ちであったが、左用のグラブがなかったため右投げで野球をやっていた[2]

明徳高では左投げに専念。1983年春の甲子園に出場し、初戦の対青森北高戦で1イニングのみ登板。

高校卒業後、社会人野球本田技研鈴鹿を経て、1987年オフにドラフト外南海ホークスに入団。入団テストで左右両投げを披露し、話題となった。

「まず左を一人前にしてから」という杉浦監督の方針から、投球練習の7割方は左投げを中心に行われた。左腕での投球フォームはオーバースローだったが、右腕での投球フォームはアンダースローだった。外角のスローカーブを主に武器とした。左右どちらの手でも使える「6本指グラブ」が近田の為に特注され、スイッチピッチャーとスイッチヒッターが対戦する際には投手の側からあらかじめ投げる手を示すとする申し合わせが行われた[3]

1988年4月14日、大阪球場での対ロッテオリオンズ戦において一軍初登板。この登板では左投げのみでプレーした。その後、近田が一軍で登板することは無かったため、一軍公式戦でスイッチピッチングを披露する事はなかった[4]

1989年は、1A・サリナス・スパーズに野球留学した。

1990年オフに、5対4の大型トレードで阪神タイガースに移籍し、翌1991年任意引退。アマチュア野球復帰のため、2007年5月15日に自由契約

引退後は、関西に戻りゴルフのレッスンプロとして活躍。

2007年6月、社会人野球クラブチームの「関電グループ硬式野球クラブ(現:関西硬式野球クラブ)」にコーチ兼投手として入団[5]

公式戦では「左右両投げ」を披露する機会が無かったこともあり、2001年FBS福岡放送のホークス応援特番の中で披露。当時二軍選手だった川崎宗則に左で、笹川隆には右で投げた。また、プロ野球マスターズリーグにも参加している。

2008年放送の『J-SPO』によると、アメリカのマイナーリーグトライアウトに参加。不合格であったが、再度挑戦するとの事。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
1988 南海 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 4 1.0 1 0 1 0 0 0 0 0 1 1 9.00 2.00
通算:1年 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 4 1.0 1 0 1 0 0 0 0 0 1 1 9.00 2.00

記録編集

背番号編集

  • 63 (1988年)
  • 13 (1988年)
  • 42 (1989年 - 1990年)
  • 53 (1991年)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 20年ぶりのスイッチピッチャー登板はあるか!?”. BASEBALL KING (2015年1月24日). 2017年1月12日閲覧。
  2. ^ 1人で壁当てをやる時に、シャレで本来の左投げではなく右でも練習していたことが、右でも投げられるようになったきっかけという説もある。
  3. ^ あくまでもこの段階では申し合わせであり、ルールとして明文化されたものではなかった。その後、近田と同じ両投げ投手のパット・ベンディットが米マイナーリーグでデビューした際、スイッチヒッターとの対戦という同様の条件下でトラブルが発生したことから、この申し合わせと同じ内容の条項が所謂「パット・ベンディット・ルール」として正式にメジャーリーグのルールに追加され、これに伴い日本の公認野球規則の改定も行われた。
  4. ^ ただし、イニングの合間の投球練習では両腕で投げていた。
  5. ^ チーム情報 2007年 登録・変更情報”. 日本野球連盟. 2017年11月19日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集