メインメニューを開く

近藤 勇五郎(こんどう ゆうごろう、嘉永4年12月2日1851年12月24日) - 昭和8年(1933年2月23日)は、幕末明治剣客である。天然理心流剣術5代目宗主。新選組局長・近藤勇で、後に婿養子となった。旧姓は宮川。は信休。

人物編集

武州上石原村(現:調布市野水)に、宮川音五郎(近藤勇の兄)の次男として生まれる。天然理心流剣術に入門し、宮川家の道場で稽古した。

文久3年(1863年)、近藤勇が浪士組として京都へ出立する際、勇の一人娘・たまの許嫁となる。その後は松井つね(勇五郎の除籍謄本に「東京府麹町区飯田町 士族松井八十五郎長女入籍ス」と記述される)・たまと共に生活していた。

戊辰戦争時、勇処刑の知らせを聞いた勇五郎は板橋で処刑を目撃。すぐさま郷里へ立ち帰り、音五郎と共に勇の遺体を引き取りにいったという。

明治9年(1876年)、たまと結婚して剣術道場「撥雲館」を新設。

明治16年(1883年)、長男・久太郎が生まれた。しかしその3年後の明治19年(1886年)にたまが死去。国分寺のたよと再婚したが、姑・つねと相性が悪く2年半程で離婚。次にかしと結婚した。

昭和初期、子母澤寛の取材を受けて幕末当時の回顧談を語る。

昭和8年(1933年)、死去。享年83。「俺が死んでも線香はいらない、ただ、竹刀の音だけは絶やさないようにしてくれ」と言い遺した。

天然理心流剣術6代目は桜井義則、7代目は近藤新吉(勇五郎の次男、後妻の子)が継いだ。新吉は警視庁剣道助手も務めたが、昭和11年(1936年)早世した。

参考文献編集

  • 月刊剣道日本』1978年9月号 特集天然理心流と近藤勇、スキージャーナル