メインメニューを開く

近藤喜文

日本のアニメーター

近藤 喜文(こんどう よしふみ、1950年3月31日 - 1998年1月21日)は、日本アニメーターキャラクターデザイナー映画監督新潟県五泉市出身。アニメーション色彩設計者近藤浩子(旧名:山浦浩子)。1子あり[1]

こんどう よしふみ
近藤 喜文
生年月日 (1950-03-31) 1950年3月31日
没年月日 (1998-01-21) 1998年1月21日(47歳没)
出生地 日本の旗 日本 新潟県五泉市
死没地 日本の旗 日本 東京都立川市
国籍 日本の旗 日本
職業 アニメーター
キャラクターデザイナー
映画監督
ジャンル アニメーション映画
テレビアニメ
活動期間 1968年 - 1998年
配偶者 近藤浩子
事務所 スタジオジブリ
主な作品

アニメーション映画
火垂るの墓』(キャラクターデザイン作画監督
魔女の宅急便』(絵コンテ・作画監督)
おもひでぽろぽろ
(キャラクターデザイン・作画監督)
耳をすませば』(監督
もののけ姫』(作画監督)


テレビアニメ
ど根性ガエル
(Aプロ班作画監督・原画・エンディング作画)
未来少年コナン』(原画)
赤毛のアン』(キャラクターデザイン・作画監督)
名探偵ホームズ
(キャラクターデザイン・作画監督)
愛の若草物語』(キャラクターデザイン・原画)


その他の映像作品
金曜ロードショー』2代目オープニング
通称“映写機おじさん”(作画・演出


画集
『ふとふり返ると-近藤喜文画文集-』


テンプレートを表示

概要編集

高畑勲宮崎駿両監督作品を1970年代から晩年までアニメーターとして支え続けた。

1995年映画耳をすませば』で初めて劇場用長編アニメーションの監督を努め、次代の日本のアニメーション、またスタジオジブリを担う作家として、演出面でも将来を嘱望されていたが、47歳の若さで急逝した[2]

メリハリのあるアクションから細やかな生活芝居まで手がける高い技術と、仕事に妥協を許さない姿勢、人々を見つめる温かな眼差しは、今なお後進のアニメーターに影響を与え続けている[3][4]

経歴編集

  • 1950年3月31日、新潟県五泉市に生まれる[1]
  • 1974年12月、Aプロダクションの同僚である山浦浩子と結婚[1]
  • 1976年9月9日、Aプロダクションがシンエイ動画へと改組、引き続き同社に所属する。同年、日本共産党に入党。居住地の住民運動に尽力する[6]
  • 1986年1月頃、日本アニメーションに契約入社。
  • 1987年1月、日本アニメーションを退社。同年2月1日、『火垂るの墓』準備のため、スタジオジブリに入る。引き続き宮崎駿や高畑勲の監督作品で作画スタッフとして活動する。
  • 1989年9月11日、スタジオジブリに入社。
  • 1995年、『耳をすませば』で映画監督デビュー。結果的に生涯唯一の劇場用長編監督作となった。
  • 2014年7月4日 - 8月31日、新潟県立万代島美術館にて、「新潟が生んだジブリの動画家 近藤喜文展」が開催される。その後も副題を変えて各地で開催されている[9]

宮崎駿・高畑勲との関係編集

前記のように、1970年代以降の宮崎駿や高畑勲の作品を作画面で支えた。

高畑が『火垂るの墓』、宮崎が『となりのトトロ』と、長編映画を同時に制作した時期は2人の間で近藤の争奪戦が起こった。高畑は「他は何もいらないから近ちゃんだけ欲しい」、宮崎は「近ちゃんが入ってくれないなら僕も降板する」と言ったという逸話が残っている(結局、仲裁に入った鈴木敏夫の、宮崎は自分で絵が描けるからという助言で、近藤は『火垂るの墓』の制作に携わった)[10]を茶碗に盛り付ける際、手首に付着した米粒を舐め食べる動作など高畑アニメが追求する実にリアルな描写の実現は、近藤の強く鋭い感受性あって初めて可能なものだった。その後、再び高畑の元で『おもひでぽろぽろ』のキャラクターデザインと作画監督を担当する。

それ以前から近藤が演出をするという宮崎との約束があったため、宮崎が企画を持ってきた『耳をすませば』の監督を任される。『耳をすませば』の制作中に近藤と宮崎の間では何度も衝突があり、時には宮崎が演出の変更を求めたり脅すようなこともあったという。近藤の没後、このことについて宮崎は「自分が終わりを渡してしまったようなもの」と語っている[要出典]

一方、鈴木敏夫は2018年インタビューで、生前の近藤から「高畑さんは僕を殺そうとした。高畑さんのことを考えると、いまだに体が震える」という言葉をとともに聞いたと述べている[11]。鈴木によると、葬儀の際に火葬場で関係者が待つ間、あるベテランアニメーターが「近ちゃんを殺したのは、パクさん(引用者注:高畑勲の愛称)よね」というつぶやきを漏らし、間を置いて高畑は無言でうなずいたという[11]

表現編集

自分の作ったキャラクターならば、斜め仰向きのなどどんなにむずかしいアングルでも感じよく描いてみせた。普通のまわりの表現でもあご筋肉を上手く使って自由に動かして表現を作った。口の線もただの線でなく線に表情をもたせながら、俯瞰仰角かで基本の湾曲を定めつねに立体を意識していた。しかしその意識の仕方は、顔を石膏のような固い立体として律儀に捉えるのとは違い、キャラクターを柔軟な肉でできた生身の存在として感じ、線と動きでその「実感を出す」ためだった[12]

整理された線の達人であり洗練されたデザインセンスの持ち主であった。それは『おもひでぽろぽろ』の回想編のマンガキャラクターのアレンジなどに見られる[12]

『赤毛のアン』では「キャラクターアニメーション」(人物の性格・ひととなりの活写)を見事に表現した[12]

人物編集

愛称は近ちゃん(こんちゃん)。こんどうきぶんとも[9]

「こんな絵を描けたら」として、ノーマン・ロックウェル林明子鏑木清方らを挙げている。いずれも、市井を生きる人々の日常の姿が、静かに息づく世界を描いた画家である。好きな漫画家には高野文子を挙げている[13]

作品リスト編集

テレビ編集

映画編集

公開年 作品名 制作(配給) 役職
1972年 12月17日 パンダコパンダ トムス・エンタテインメント
東宝
原画
1973年 3月17日 パンダコパンダ 雨ふりサーカスの巻
1977年 4月23日 草原の子テングリ 雪印乳業
桜映画社
シンエイ動画
1988年 4月16日 火垂るの墓 新潮社
スタジオジブリ
(東宝)
キャラクターデザイン
作画監督
1989年 7月29日 魔女の宅急便 徳間書店
ヤマト運輸
日テレ
スタジオジブリ
東映
絵コンテ
作画監督
原画
1991年 7月20日 おもひでぽろぽろ 徳間書店
日テレ
博報堂
スタジオジブリ
(東宝)
キャラクターデザイン
作画監督
1992年 7月18日 紅の豚 徳間書店
JAL
日テレ
スタジオジブリ
(東宝)
原画
1994年 7月16日 平成狸合戦ぽんぽこ 徳間書店
日テレ
博報堂
スタジオジブリ
(東宝)
1995年 7月15日 耳をすませば 監督
1997年 7月12日 もののけ姫 徳間書店
日テレ
電通
スタジオジブリ
(東宝)
作画監督

書籍編集

  • アニメ6人の会(芝山努椛島義夫中村英一、近藤喜文、有原誠治、小林正義)『アニメーションの本―動く絵を描く基礎知識と作画の実際』合同出版、1978年4月1日。ISBN 4772600795
  • 『同【改訂新版】』、2010年3月1日。ISBN 4772604618
  • 近藤喜文『ふとふり返ると-近藤喜文画文集-』徳間書店、1998年3月31日。ISBN 4198608326
  • 安藤雅司・スタジオジブリ 責任編集『近藤喜文の仕事-動画で表現できること-』スタジオジブリ、2000年1月31日。

受賞歴編集

出典・参考文献編集

  • アニメ6人の会『アニメーションの本―動く絵を描く基礎知識と作画の実際』合同出版、1978年4月1日。ISBN 4772600795
  • アニメージュ編集部編『ジブリロマンアルバム・おもひでぽろぽろ』徳間書店、1991年。ISBN 4197201591
  • 高畑・宮崎作品研究所編『近藤喜文さん追悼文集 近藤さんのいた風景』RST出版、1999年1月21日。
  • 安藤雅司・スタジオジブリ 責任編集『近藤喜文の仕事-動画で表現できること-』スタジオジブリ、2000年1月31日。
  • 叶精二『日本のアニメーションを築いた人々』若草書房、2004年1月28日。ISBN 4948755788
  • 新潟日報 2003年9月7日掲載記事「アニメーター近藤喜文」

脚注編集

  1. ^ a b c d 『ふとふり返ると-近藤喜文画文集-』近藤喜文 1998年3月31日 徳間書店 pp.102 - 103
  2. ^ 『ふとふり返ると-近藤喜文画文集-』近藤喜文 1998年3月31日 徳間書店 p.104
  3. ^ 新海誠監督作品 君の名は。 公式ビジュアルガイド』安藤雅司インタビュー 2016年8月27日 角川書店 pp.66 - 69
  4. ^ この世界の片隅に 劇場アニメ公式ガイドブック』松原秀典インタビュー 2016年10月26日 双葉社
  5. ^ 大塚は記憶にないという。
  6. ^ 近藤喜文さんのこと2010年7月7日 土筆塾ブログ
  7. ^ 読売新聞1998年1月22日朝刊35面
  8. ^ 機関紙『国公労新聞』第943号のインタビュー
  9. ^ a b 近藤喜文展 - スタジオジブリ|STUDIO GHIBLI
  10. ^ 高畑は後年の回想の中で「近ちゃん(近藤喜文氏)を獲得することが私の最優先、いや絶対的な課題だった」と述べ、それ以外のスタッフについては積極的勧誘をしなかったと記している(「『火垂るの墓』から、はや二十四年」『アニメーション、折にふれて』岩波書店、2013年、pp.122 - 123。初出は『百瀬義行 スタジオジブリワークス』一迅社、2011年)
  11. ^ a b 鈴木敏夫「高畑さんとの勝負だったこの映画。いまでも緊張の人はほどけない」『ジブリの教科書 かぐや姫の物語』文藝春秋<文春ジブリ文庫>、2018年、pp.39 - 56
  12. ^ a b c 『アニメーション、折にふれて』高畑勲 2013年12月5日 岩波書店 p.88
  13. ^ 『ふとふり返ると-近藤喜文画文集-』近藤喜文 1998年3月31日 徳間書店 p.56

外部リンク編集