メインメニューを開く

近藤 奈津枝(こんどう なつえ、1966年(昭和41年)1月13日[1]- )は、日本海上自衛官海上自衛隊史上、医官を除いて初の女性将官[2]

近藤 奈津枝
生誕 (1966-01-13) 1966年1月13日(53歳)
日本の旗 日本 山口県
所属組織 Naval Ensign of Japan.svg 海上自衛隊
軍歴 1989年(平成元年) -
最終階級 JMSDF Rear Admiral insignia (a).svg 海将補
テンプレートを表示

女性として初めて統合幕僚監部の幹部職(首席後方補給官)に就いた[2]。海上自衛隊において、女性として初めて幕僚長の職(大湊地方総監部幕僚長)に就いた[3]

経歴編集

山口県出身[2]1988年(昭和63年)に山口大学を卒業し、中学校の臨時採用教員(国語)となった[2]自衛官募集のパンフレットを市役所で見たのをきっかけに自衛官を志し、1989年(平成元年)、海上自衛隊に入隊。自衛官に転じた時の心境を「教員は臨時でしたが、海上自衛隊の方は正職員であったこともあり、『自分が必要とされている』と強く実感しました。」と語っている[4]。艦艇乗組を志望したものの、当時は女性が艦艇乗組をできる環境がなく、経理補給職域に進んだ[2]2016年(平成28年)12月、海上自衛隊史上、医官を除くと女性では初となる海将補に昇任した[2][4]

年譜編集

脚注編集