メインメニューを開く

近藤常子(こんどう つねこ、1893年 - 1963年1月26日[1])は、岐阜県出身の看護師、日本文化講師、ユーゴスラビアに初めて移住した日本人女性[2]。本名はTsuneko Kondo-Kavese。マダム・ヤパンカとも呼ばれた。第二次大戦直後に旧ユーゴスラビアに渡り、日本とユーゴスラビアの友好に尽くした[1]。「近藤恒子」とする資料もある。

経歴編集

第一次大戦中、中国で野戦病院に勤務中、のちに夫となる捕虜のイワン・シュクセクの治療に関わり、結婚。第二次世界大戦中は赤十字の看護婦となり、赤十字最高勲章を受賞している[1]。終戦後、ユーゴ移住するが、夫と息子を病気で相次いで亡くす。それでも、日本に帰ることはなく現地にとどまり、日本文化を広める教室を設立。スパイ容疑をかけられたこともあるが、容疑が晴れた後は国家公認の教室として認められ、講演会なども行っていた。ユーゴ国民に愛され、1963年に死去した際には、国葬が執り行われた[2]

近藤を扱ったメディア編集

脚注編集