近藤政成

日本の江戸時代の大名

近藤 政成(こんどう まさなり)は、江戸時代初期の大名堀秀政の四男。

 
近藤 政成
Konndō Masanari.jpg
近藤政成像(京都大学総合博物館蔵)
時代 江戸時代前期
生誕 天正16年(1588年
死没 元和4年6月22日1618年8月12日
改名 高政(初名)→政成
別名 七郎太郎(通称
戒名 太清院殿如然宗愚大居士
墓所 東京都台東区松が谷海禅寺
官位 従五位下、信濃
幕府 江戸幕府
主君 徳川家康秀忠家光
信濃近藤藩
氏族 堀氏近藤氏
父母 父:堀秀政、養父:近藤重勝
兄弟 堀秀治堀親良村上但馬守政成
正室:生駒一正の娘、継室:柘植某の娘
重直
テンプレートを表示

慶長5年(1600年)に徳川家康に拝謁して小姓となり、慶長9年(1604年)、養父の近藤重勝から越後蔵王堂の遺領1万石を継ぐ。慶長15年(1610年)、堀忠俊改易された際に領地を信濃国高井郡美濃国安八山県石津中島郡のうちに替地され、近藤藩が成立した。

大坂の陣に従軍、永井直勝の隊に属し戦功を挙げる。しかし、元和4年(1618年)に31歳で死去した。

長男の重直は7歳であったため、12月16日、幼少を理由に半知減封となり5000石のみを相続し、伊那郡立石村(現在の長野県飯田市)に知行所を構え交代寄合となる。伯父の下野烏山藩堀親良が後見役を命ぜられ、残りの美濃4郡5000石を賜った。

出典編集

先代:
-
近藤氏近藤藩主
1610年 - 1618年
次代:
廃藩