近藤 正次(こんどう まさつぐ)は、戦国時代武将江戸幕府旗本

 
近藤正次
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
死没 寛永15年10月5日1638年11月10日
別名 五左衛門
幕府 江戸幕府旗本
主君 徳川家康秀忠忠長
氏族 藤原北家秀郷近藤氏支族
父母 近藤正忠
兄弟 正次正則、四郎左衛門、永井白光
中根次郎左衛門娘
折井門次室、吉田十右衛門室、正勝
テンプレートを表示

井伊谷三人衆と呼ばれ後に井伊谷藩主となる近藤氏の傍流にあたる。代々松平徳川氏に仕え、正次も父が仕えた徳川家康に仕える。天正18年(1590年)家康が関東に移封されると正次もそれに従い、武蔵国橘樹郡綱島に300石を知行し、18騎の頭に任じられる。天正19年(1591年九戸政実の乱鎮圧に従軍。慶長5年(1600年関ヶ原の戦いでは武功を上げ、永楽銭20貫と感状を賜わっている。慶長19年(1614年)と慶長20年(1615年)の大坂の陣にも従軍した。その後は将軍徳川家光の弟である徳川忠長の家臣に付けられる。寛永8年(1631年)以降に忠長が失脚すると、嫡子の正勝は家光に再度召し出されたが、自身は再仕官せずに余生を過ごした。

参考文献編集

関連項目編集