近藤 祐司(こんどう ゆうじ、本名: 近藤真人(こんどうまさと)[1]1974年1月21日 - )は、スポーツキャスター、スポーツ解説者、アンカーマン。京都府出身。立命館大学経済学部卒業。現在、株式会社UGK Sports&Communications 代表。

近藤 祐司
生誕 近藤 真人
(1974-01-21) 1974年1月21日(46歳)
日本の旗 日本京都府京都市
教育 立命館大学経済学部
職業 スポーツアンカー
配偶者 あり
公式サイト http://www.ugk-sports.com/ 近藤祐司オフィシャル

来歴編集

京都府京都市出身。[2]祖父は城北埼玉中学・高等学校創立者、近藤薫明。父は日本航空に勤務し、非常に厳格な家庭に生まれる。幼少期から小学生までの間は、父の仕事の関係で各地を転々とする。

子供時代に過ごしたアメリカ合衆国サンディエゴアメリカンフットボールに出会った[3]立命館大学時代にはアメリカンフットボール・立命館大学パンサーズディフェンスバックとして活躍し、アメリカンフットボール日本代表にも選出された(当時の登録名は本名の「真人」)。法政大学トマホークスを破って学生日本一に輝いた1994年甲子園ボウルでは、最優秀守備賞を受賞するなどしてチームの勝利に貢献。また、ビッグプレイの後に敬礼をするパフォーマンスでも有名で、日本のアメフト界にエンターテイメント性を取り入れた第一人者でもある。卒業後は母校のコーチに就任。NFLヨーロッパにも挑戦した。日本ではXリーグアサヒ飲料チャレンジャーズでプレー。

引退後はスポーツ専門アンカーマン・キャスターに転身し、GAORAでNFLとプロ野球(2015年より北海道日本ハム1軍の主催試合)、J SPORTSMLBの実況を担当している。また2016年以降はGAORAがNFLの放送を行わなくなったこともあり、G+でNFL中継を担当することになった[4]

2020年新型コロナウイルスの感染拡大に伴って自身が実況担当予定だったスポーツ中継がことごとく中止になったことから、2020年3月18日から自身のYouTubeチャンネル「Ugk Tube!」を立ち上げ、アメリカのスポーツに関する話題の発信も行っている。[5]

ベリーという名前のミニチュア・シュナウザーを飼っており[6]、「Ugk Tube!」内にも登場している。

スポーツナビが行った「ファンが選ぶ!好きな実況&解説者ランキング」で、野球実況アナ部門で1位を獲得した[7]

実況スタイル編集

英検1級の堪能な英語力を生かして、実況中に現地コメンタリーやインタビューの同時通訳を行うこともある。特にフットボールの実況においては、トライフォーポイントフィールドゴール成功時の「It's good!」が決めゼリフとなっている。

プロ野球では「○○ピッチ」「ピッチャーズ(ヒッティング)カウント」(カウント)「○ランショット」(ホームラン)「ワンツースリー」(三者凡退)「ヒット・バイ・ピッチ」(デッドボール)「バックトゥバック」(打席連続)などのアメリカンスタイルを取り入れた用語を使い、「アメリカでは同一カード3連勝(3タテ)の事をsweep(掃く)と言います」と自ら説明も交える。本塁打を放った時には「It's gone!!」「It is gone!!」「Good bye!!」と叫ぶ場合がある。「It's gone!!」は「イッツ・ゴーンヌ」と聞こえることもあってインパクトが強く、パシフィック・リーグTVがこれをまとめた動画が公開されたこともある[8]

ホームラン時の「It's gone!!」が「イッツ・ゴーンヌ」と聞こえる現象には理由がある。鼻に抜ける「ヌッ」の音を小さく付け加えるのはアナウンサーとしてのこだわりで、語尾が流れないようにするために用いており、ピリオドの役割を果たしている[9]

実績編集

テレビ・ラジオ関係編集

司会・MC関係編集

執筆関係編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 公式プロフィール(インターネット・アーカイブ)
  2. ^ 2015年GAORAプロ野球中継(ファイターズ、オープン戦)で出演者とゲストの出身が全員関西である会話をしていた時に"京都生まれ"と発言。
  3. ^ そのため、好きなNFLのチームはチャージャーズである。
  4. ^ 2016年9月12日の発言
  5. ^ 生中継250試合が白紙…近藤祐司アナ、おなじみ“英語絶叫”生かしYouTubeで情報発信スポニチアネックス 2020年4月12日 2020年4月28日閲覧
  6. ^ 2017年6月13日の発言
  7. ^ ファンが選ぶ!好きな実況&解説者ランキングスポーツナビ 2020年8月6日閲覧
  8. ^ 《Best Scene Selection》バリエーション豊富!! 『It’s gone!!』まとめ パシフィック・リーグTV 2016年6月7日
  9. ^ https://full-count.jp/2017/06/06/post71373/2/
  10. ^ [1]
  11. ^ 秋元才加も興奮! S. スタローンがプロデュース、アスリートが“ザ・ビースト”に挑戦

外部リンク編集