メインメニューを開く

近藤 義郎(こんどう よしろう、1925年2月14日2009年4月5日)は、日本考古学者岡山大学名誉教授。

近藤 義郎
(こんどう よしろう)
人物情報
全名 近藤 義郎(こんどう よしろう)
生誕 (1925-02-14) 1925年2月14日
日本の旗 日本栃木県足利市
死没 (2009-04-05) 2009年4月5日(84歳没)
日本の旗 日本岡山県岡山市
出身校 京都大学
学問
時代 20世紀 - 21世紀昭和平成
活動地域 日本
研究分野 考古学
研究機関 岡山大学
主要な作品 『前方後円墳の時代』
『土器製塩の研究』
『月の輪古墳』ほか
影響を
与えた人物
春成秀爾
学会 考古学研究会
テンプレートを表示

目次

概略編集

1925年大正14年)、栃木県足利市に生まれる。京都大学文学部を卒業し、岡山大学へ赴任して以後、晩年まで数々の発掘調査を実施し、重要な調査成果と研究論文を次々と発表した。岡山大学法文学部教授ののち、名誉教授に就任。考古学研究会代表、岡山の自然を守る会会長、前方後円墳研究会代表などを歴任した。戦後の日本考古学を主導した重要な考古学者の一人である。1979年(昭和54年)、古代オリエント史を専攻する三笠宮崇仁親王楯築墳丘墓を見学した際には現地で説明にあたった[1]。死去が公になったのは半年後であった[2]

研究成果編集

近藤は、原始集落を共同体と単位集団論によって説明した。その際、古墳と古墳群を系譜的・社会構成史的に分析し、群小古墳の被葬者像を「古代家族」として把握する試みは大きな影響を与えた。さらに地域の住民や教師、学生らとともに実施した月の輪古墳岡山県赤磐市)の発掘調査も、考古学による第二次世界大戦後の民主主義と科学運動の実践として学史的意義が大きい。いっぽう、土器製塩やたたら製鉄の研究にも大きな足跡を記した。

1960年代後半からの主要な調査と研究は、古墳の発生、特に前方後円墳の成立に主要な関心が向けられた。古墳成立以前の弥生墳丘墓の探求、弥生墳丘墓との異同を知るための成立期前方後円墳の追究、その過程で埴輪の起源(春成秀爾と共著)についての基礎的かつ重要な考察をおこなった。古墳時代を前方後円墳の時代と規定し、古墳の発生について「近藤理論」とも呼ぶべき明快な歴史叙述を多くの著作で展開した。

また、核兵器廃絶や歴史教育などにも考古学の立場から多くの提言をおこない、宮内庁管理の陵墓公開を求める運動にも取り組んだ。

経歴編集

主な著作編集

  • 『前方後円墳の時代』岩波書店(1983年)
  • 『日本考古学研究序説』岩波書店(1985年)
  • 『岩波講座 日本考古学〈1〉 研究の方法』(甘粕健佐原真戸沢充則との共著、1991年)
  • 『前方後円墳集成(中部編)』山川出版社(1992年)
  • 『垣間見た吉備の原始古代』吉備人出版(1997年)
  • 『前方後円墳の成立』岩波書店(1998年)
  • 『前方後円墳と弥生墳丘墓』(1995年)
  • 『前方後円墳に学ぶ』山川出版社(2001年)
  • 『前方後円墳と吉備・大和』吉備人出版(2001年)
  • 『楯築弥生墳丘墓』吉備人出版(2002年)
  • 『土器製塩の島・喜兵衛島製塩遺跡と古墳』(2005年)
  • 『前方後円墳の起源を考える』青木書店(2005年)
  • 『発掘五〇年』河出書房新社(2006年)
  • 『地域考古学の原点・月の輪古墳』(中村常定との共著、2007年)
  • 『近藤義郎と学ぶ考古学通論』(2008年)

その他、調査報告多数。単行本・講座・シリーズの共編著など、膨大な著作がある。

訳書編集

  • ヴィア・ゴードン・チャイルド『考古学の方法』近藤義郎訳、河出書房新社、1994年。ISBN 4309222587(新装版、初版は1964年[6]
  • V・G・チャイルド『考古学とは何か』近藤義郎・木村祀子訳、岩波書店岩波新書,青版703〉、1969年。ISBN 4004130093 - 註:「Webcat Plus(国立情報学研究所)」と「カーリル(全国図書館の横断検索)」には書誌情報あり。
  • E.S.モース『大森貝塚』近藤義郎・佐原真編訳、岩波書店〈岩波文庫, 33-432-1〉、1983年。ISBN 4003343212NCID BN00353436
  • グレアム・コナー『熱帯アフリカの都市化と国家形成』近藤義郎・河合信和訳、河出書房新社、1993年。ISBN 4309222552

論文編集

出典編集

関連項目編集