メインメニューを開く

近藤 道生(こんどう みちたか、1920年2月2日 - 2010年6月30日)は、日本の海軍軍人大蔵官僚、実業家。国税庁長官を経て博報堂代表取締役社長を務めた。1982年聖シルベステル騎士団長勲章、1992年勲一等瑞宝章1993年日本宣伝賞大賞を受賞。

こんどう みちたか
近藤 道生
生誕 (1920-02-02) 1920年2月2日
神奈川県小田原市
死没 (2010-06-30) 2010年6月30日(90歳没)
出身校 東京帝国大学法学部政治学科
職業 軍人、官僚、実業家
配偶者 あり

目次

来歴・人物編集

神奈川県小田原市出身。

旧制小田原中学校(現:神奈川県立小田原高等学校)、旧制武蔵高校を経て、1942年7月に高等文官試験行政科に合格、同年9月に東京帝国大学法学部政治学科を卒業。同年同月、大蔵省に入省して理財局に配置されたが、同年同月、海軍経理学校補修学生、海軍主計見習尉官に。いわゆる短期現役組(短現組)9期。

1943年1月に海軍主計中尉、1944年5月に同大尉に。戦後の1947年3月、大蔵省に復帰し、のち大阪国税局局長大蔵省大臣官房長、大蔵省銀行局長を歴任し、1972年国税庁長官に就任。銀行局長在任時代の1971年、戦後初の大型銀行合併である、第一銀行日本勧業銀行の合併(第一勧業銀行、現:みずほ銀行)に関与した[1]

1975年7月より博報堂代表取締役社長福井純一が自ら副社長に降格して、近藤を社長に迎えた。その後、瀬木博政前会長の告訴を受けた東京地検特捜部により福井が特別背任で逮捕されたが、近藤は社長になってから売上高を前年比173億円に押し上げた。1983年博報堂代表取締役会長1994年2月1日より博報堂代表取締役

2010年6月30日、急性心不全により死去。90歳没[1]

趣味、特技は茶の湯読書ゴルフは平心庵宗道。

著書編集

映画作品編集

脚註編集

外部リンク編集