メインメニューを開く
本来の表記は「近衞家通」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
 
近衞家通
時代 鎌倉時代前期
生誕 元久元年(1204年
死没 貞応3年8月11日1224年9月25日
別名 号:猪隈、近衛左大臣[1]
官位 正二位左大臣
主君 順徳天皇仲恭天皇後堀河天皇
氏族 近衞家
父母 父:近衛家実、母:藤原季信
兄弟 家通家輔兼経長子鷹司兼平
実静、慈禅、増忠、聖兼、聖実、澄誉
テンプレートを表示

近衛 家通(このえ いえみち)は、鎌倉時代前期の公卿関白近衛家実の長男。官位正二位左大臣

経歴編集

建保2年(1214年)の4月9日、元服して正五位下に初叙。後鳥羽上皇より馬を賜り、昇殿禁色を聴されると、2日後に侍従、7月に右近衛少将次いで9月に右近衛中将。10月に従四位下、12月に正四位下に叙せられるなど、摂関家の嫡男として急速に昇進した。建保3年(1215年)正月、12歳にして従三位に叙せられて公卿に列し、美作権守を兼ねる。同年8月に権中納言に進み、12月に正三位に叙せられた。

建保4年(1216年従二位、建保5年(1217年)に正二位に叙せられる。建保6年(1218年)正月に権大納言に任ぜられるが、8月に母の死去により服解。10月に復任し、12月に内大臣に昇進した。建保7年(1219年)左近衛大将を兼任し、3月、右大臣に任ぜられる。10月に左馬寮御監に補任。

承久3年(1221年)10月、左大臣に転任するが、貞応3年(1224年)8月6日より痢病を患い、11日に21歳で薨御[2]。最終官位は左大臣正二位左近衛大将だった。後任として徳大寺公継が左大臣に任ぜられた。

人物編集

閑麗な顔立ちであったが、和漢の才に頗る乏しく、不柔和で寛宥の法が無かったという[2]

官歴編集

※以下、『公卿補任』の記載に従う。

  • 建保2年(1214年
    • 4月9日:正五位下に叙し、昇殿・禁色を聴す(今日元服す)。
    • 4月11日:侍従に任ず。
    • 7月27日:右近衛少将に任ず。
    • 9月14日:右近衛中将に転ず。
    • 10月28日:従四位下に叙す。
    • 11月16日:更に昇殿・禁色を聴す。
    • 12月1日:正四位下に叙す。
  • 建保3年(1215年
    • 正月5日:従三位に叙す。右中将如元。
    • 正月13日:美作権守を兼ぬ。
    • 8月12日:権中納言に任ず。右中将如元。
    • 12月15日:正三位に叙す。
  • 建保4年(1216年)7月16日:従二位に叙す。
  • 建保5年(1217年)4月9日:正二位に叙す。
  • 建保6年(1218年
    • 正月13日:権大納言に任ず。
    • 3月1日:勅授帯剣を仰せらる。
    • 8月20日:喪に服す(母)。
    • 10月16日:復任す。
    • 12月2日:内大臣に任ず。
  • 建保7年(1219年)/承久元年
    • 閏2月25日:左近衛大将を兼ぬ。
    • 3月4日:右大臣に転ず。
    • 3月8日:左近衛大将如元。
    • 10月2日:左馬寮御監と為す。
  • 承久3年(1221年)閏10月10日:左大臣に転ず。左大将如元。
  • 貞応3年(1224年)8月11日:薨ず。享年21。

脚注編集

  1. ^ 公卿補任貞応3年条。
  2. ^ a b 岡屋関白記貞応3年8月11日条。