メインメニューを開く
本来の表記は「近衞文隆」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

近衞 文隆(このえ ふみたか、1915年大正4年)4月3日 - 1956年昭和31年)10月29日)は、昭和期の陸軍軍人階級陸軍中尉位階従五位後陽成天皇男系十三世子孫である。

近衞 文隆
(このえ ふみたか)
Fumitaka Konoe.jpg
1938年に撮影
生誕 1915年4月3日
京都府
死没 1956年10月29日(満41歳没)
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦イヴァノヴォ州
所属組織 War flag of the Imperial Japanese Army.svg 大日本帝国陸軍
軍歴 1940年 - 1945年
最終階級 陸軍中尉
除隊後 シベリア抑留
テンプレートを表示

概要編集

京都府出身。首相近衞文麿千代子(父は旧豊後佐伯藩毛利家当主・毛利高範)夫妻の長男。家系は藤原北家の嫡流にして摂家筆頭・近衞家。学歴はプリンストン大学政治学部修業(中退)。

来歴・人物編集

学習院中等科卒業後、外交官を目指し、周囲の反対を押し切りアメリカに留学し、ローレンスビル・スクールを卒業、プリンストン大学に学んだ。ゴルフ部長として全米1位となる。滞米中はアマチュアゴルファーとして活躍する。1938年(昭和13年)に帰国し、父の秘書官となる。

1939年(昭和14年)、東亜同文書院講師、兼学生主事(俸給・月 117円60銭、在外手当・月 54円40銭)に就任して上海へ赴く。上海では蒋介石との直接交渉の必要性を感じ、政府要人の娘と交際してその手引きで重慶に向かおうとして憲兵隊に捕まり、閣議でも問題視されたため帰国[1]。帰国後も青年同志会という組織を作って直接交渉を主張した。そのため軍部から問題視され、1940年(昭和15年)2月に召集され、満州阿城砲兵連隊に入隊。幹部候補生考査に合格して陸軍中尉まで昇進した。

太平洋戦争のさなか、貞明皇后の姪・大谷正子浄土真宗京都西本願寺大谷光明の娘,1924-2017)と1944年(昭和19年)にハルビンで結婚。1945年(昭和20年)8月15日満州で終戦を迎え、GRUスメルシ部隊によって襲撃を受け、8月19日捕虜となる。その後、シベリア抑留で15ヶ所もの収容所を転々と移動させられた。抑留中は士官であることを盾に労役を断固拒否しソ連に対し気骨のあるところを見せた。1955年(昭和30年)の日ソ国交正常化交渉に際し、鳩山一郎首相の帰国要求や国内からの数十万人もの署名入りの嘆願書があったが、帰国が叶うことはなく、1956年(昭和31年)10月29日イヴァノヴォ州レジニェヴォ地区ロシア語版チェルンツィ村ロシア語版のイヴァノヴォ収容所(内務省第48号ラーギリ)で死去。死因動脈硬化による脳出血急性腎炎とされるが、ソ連による暗殺説もある[2]。その後、遺骨は正子夫人の尽力で1958年(昭和33年)に帰国した。

1991年(平成3年)10月18日付「政治弾圧犠牲者の名誉回復に関する」ソ連法第2条、3条で無罪、名誉回復。1992年(平成4年)2月27日ロシア連邦軍最高検察は、近衞文隆の名誉回復を採択、1997年(平成9年)10月16日、ロシア軍最高検察から名誉回復証明書を出した[要出典]

死亡時嫡出子が存在せず[3]、妻・正子は文麿外孫の細川護煇を養子として家督を継がせた。

系譜編集

近衞家編集

近衞家は、藤原忠通の子である近衞基実を始祖とし、五摂家の一つであった。

皇室との関係編集

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
後陽成天皇
 
後水尾天皇
 
明正天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
後光明天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
後西天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
霊元天皇
 
東山天皇
 
中御門天皇
 
桜町天皇
 
桃園天皇
 
後桃園天皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
直仁親王
 
典仁親王
 
光格天皇
 
仁孝天皇
 
孝明天皇
 
明治天皇
 
大正天皇
 
昭和天皇
 
明仁上皇
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
近衞信尋
 
近衞尚嗣
 
近衞基熈
 
近衞家熈
 
近衞家久
 
近衞内前
 
近衞経熈
 
近衞基前
 
近衞忠煕
 
近衞忠房
 
近衞篤麿
 
近衞文麿
 
近衞文隆
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  • 係累縁者が多数に上るため、後陽成天皇以降の歴代天皇および関連する男系男子の人物を記載した。そのため、母方の系図は省略している。
  • 遠祖の近衞信尋は、後陽成天皇の第四皇子として生まれ、近衞信尹の養子となり、近衞家を継承した。

参考文献編集

モデルとなった作品編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 文隆が面識のあった中国側の女スパイ鄭蘋茹に機密情報を漏洩するのを恐れて帰国を命令したとする説もある
  2. ^ イヴァノヴォ収容所では、近衛の死の9日前、ハバロフスク裁判で有罪とされた柄沢十三夫縊死している。--加藤哲郎(講演の抄録)第63回新三木会講演「戦争の記憶 ゾルゲ事件、731部隊、シベリア抑留」 (PDF) 2015年10月15日
  3. ^ 実子に東隆明がいるが、正妻の子ではない

関連項目編集