メインメニューを開く

株式会社近鉄リテーリング(きんてつリテーリング)は、大阪市天王寺区上本町六丁目に本社を持つ近鉄グループの流通事業の中核企業である。近鉄リテールホールディングスの100%子会社で、売店等所謂エキナカ店舗のほか、サービスエリア事業、レストラン事業を経営している。

株式会社 近鉄リテーリング
KINTETSU RETAILING CORPORATION
本社事務所が入る上本町YUFURA(2010年8月26日撮影)
本社事務所が入る上本町YUFURA(2010年8月26日撮影)
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
543-0001
大阪府大阪市天王寺区上本町6-5-13
上本町YUFURA
設立 1998年平成10年)12月25日
業種 サービス業
法人番号 4120001023117
事業内容 小売店、飲食店およびサービスエリア店舗の経営
代表者 代表取締役社長 芳野 彰夫
資本金 3000万円
売上高 476億円(2015年度)
従業員数 社員511名、営業社員178人、パートタイマー3,142人(2016年3月末現在)
決算期 3月
主要株主 近鉄グループホールディングス株式会社100%
主要子会社 近商ストア近鉄レストラン
外部リンク http://www.kintetsu-rs.com/
テンプレートを表示

沿革編集

事業概要編集

近鉄駅構内(一部近鉄駅以外もあり)での物販・軽飲食店舗を経営するほか、高速道路のサービスエリア事業、近鉄沿線を中心にレストラン店舗を展開する。自社ブランドで行う直営店舗、大手チェーンのフランチャイズ(FC)店舗、他社に業務委託している委託店舗がある。

車内販売編集

近鉄特急の車内販売を受託している。かつては近鉄観光が運営していたが、不採算により2002年に一旦全廃した。しかし、2006年より伊勢志摩方面行の伊勢志摩ライナー2007年より名阪特急のアーバンライナーplusアーバンライナーnextにて土休日に限り車内販売を復活させたため、近鉄リテールサービスが運営を受託するようになった。2013年からは観光特急しまかぜ、2016年からは観光特急青の交響曲において車内販売・喫茶食堂営業を開始した。

その他直営店舗編集

  • 鉄道ジオラマゲーム機、「Time’s Placeうじやまだ」内
  • カフェ サミエール、伊勢志摩サミット記念館[3][4]
  • コスメなど女性雑貨店の「KITTO」(キット)、「Bath Tublet」(バスタブレット)、「THROBBING.」(スロービング)
  • おにぎり製造販売等の「箱夢」
  • カフェ チャオプレッソ
  • 各種自動販売機コインロッカー

ファミリーマート(FC店舗)編集

 
転換前(Pocketplat生駒2号売店)
 
転換後(近鉄生駒駅改札内橋上店)
 
閉店後自販機が設置された例(学研北生駒駅)

近鉄の駅売店は、かつてグループの外食業者である近鉄観光(解散)が営業権を持ち運営していた。売店の名称は元々は近鉄観光の社名が入っているだけで特になかったが、1992年頃より「365」の名称を名乗るようになった。2002年に近畿日本鉄道が自社で営業権を持ち、近鉄リテールサービスに運営を委託した。

当社移管後は、比較的大型のウォークイン売店をコンビニエンスストア化し、K PLAT(ケープラット)との名称で営業するほか、中規模のウォークイン売店をPocketplat(ポケットプラット)、小規模の対面型売店をPocketplat miniとして転換していった。 K PLATの各店、および一部のPocketplatでは、PiTaPaiDが利用可能、料金収納代行も行っていた。 しかし、ホーム上の小規模売店は閉鎖され自動販売機(飲料新聞等)のみを設置する形に変えていることも多かった。

一方かつて近鉄グループによってam/pm近鉄(後のam/pm関西、現在はファミリーマートに吸収合併され解散)を設立した名残で、am/pmの6店舗を運営していた。これらは2011年8月より順次ファミリーマートへ転換され営業を続けている[5]

2013年度中にK PLAT、Pocketplat(mini)を順次ファミリーマート(愛称:「近鉄エキファミ」 事実上ファミマのフランチャイズ化)に転換した[6]。転換後の各店ではPiTaPa・iDの他、ICOCA楽天Edyなど、ファミリーマートが導入している各種電子マネーも利用可能になっている。

また、近鉄駅構内以外にも、東名阪自動車道御在所サービスエリアなどサービスエリア・パーキングエリア岐阜県総合医療センター内のファミリーマート直営店を順次移管を受けている。

その他FC店舗編集

その他、以下の店舗をFC営業している。

タイムズプレイス(モール事業)編集

主要駅で、比較的規模の大きいモール事業を「タイムズプレイス」という名称で展開している。

  • 「Time's Place」(大阪難波駅改札内、17店)
  • 「Time's Place 上本町」(上本町駅地下改札外、8店)
  • 「Time's Place Saidaiji」(大和西大寺駅改札内、30店)
  • 「Time's Place Kyoto」(京都駅改札内、8店)
  • 「Time's Place あべの」(大阪阿部野橋駅地下改札内外、18店)
  • 「Time's Placeうじやまだ」(宇治山田駅構内、13店+鉄道ジオラマ)
  • 「Time's Place奈良」(近鉄奈良駅構内、5店)

Meets Sweets(委託店舗)編集

1週間または2週間の期間限定で、地元有名スィーツ店等を誘致する店舗で、大阪上本町駅、大阪阿部野橋駅、大和西大寺駅で展開している。

その他委託店舗編集

下記大手チェーン店をはじめ専門店を多数誘致している。

サービスエリア事業編集

高速道路のサービスエリアにおけるレストラン事業は6箇所7店舗があり、旧・近畿日本鉄道(→近鉄グループホールディングス)から2015年4月に移管を受けた[7]。このほか、上記の通りファミリーマートの店舗を下記SA以外にも展開している。なお、近鉄観光時代には佐方サービスエリアでも運営していた。

レストラン事業編集

近鉄観光より承継されたレストラン店舗を自社事業として経営している。労務管理等は、100%子会社の近鉄レストランに委託している。

業態一覧

注釈編集

  1. ^ 11月22日(木)宇治山田駅構内ショッピングモール「Time’s Placeうじやまだ」が誕生!
  2. ^ 子会社の設立および会社分割(簡易吸収分割)に関するお知らせ - 近鉄グループホールディングス 2018年4月25日
  3. ^ 「伊勢志摩サミット記念館 近鉄賢島駅に26日開業」日本経済新聞2017年5月22日付夕刊、社会面36ページ名古屋版
  4. ^ 堀川勝元「気分はまるでG7首脳 サミット記念館 26日開館 会議の円卓■贈答品■クイズ挑戦も カフェで味覚体験も」朝日新聞2017年5月23日付朝刊、三重版19ページ
  5. ^ 近畿日本鉄道株式会社が運営するam/pm6店舗をファミリーマートへ転換 - ファミリーマート 2011年7月7日付けニュースリリース 2013年3月8日閲覧
  6. ^ 近鉄の駅ナカ売店等(69店舗)をファミリーマートに転換 - ファミリーマート 2013年3月1日付けトピックス 2013年3月8日閲覧
  7. ^ 会社分割による純粋持株会社制への移行に関するお知らせ (PDF) - 近畿日本鉄道、2014年2月25日

外部リンク編集