メインメニューを開く

近鉄劇場(きんてつ げきじょう)は、大阪市天王寺区上本町六丁目にあった劇場近畿日本鉄道が所有し、子会社の近鉄興業が運営していた。2010年平成22年)8月26日に大阪新歌舞伎座の新しい劇場を設置した複合ビル上本町YUFURAに生まれ変わった(後述)。

近鉄劇場
Kintetsu Theater
情報
正式名称 近鉄劇場
旧名称 近鉄会館
(上六映画劇場・上六地下劇場)
完成 1954年12月
開館 1985年10月3日
開館公演 バラエティショー「ザ・シアター」
(近鉄劇場)
劇団第七病棟「ビニールの城」
(近鉄小劇場)
閉館 2004年2月4日
最終公演 ふるさときゃらばん「パパの明日はわからない」(近鉄劇場)
イッセー尾形「最後の最後の上本町」
(近鉄小劇場)
収容人員 (2館合計)1,374人
客席数 近鉄劇場:954席
近鉄小劇場:420席
用途 演劇
旧用途 映画館
運営 近鉄興業株式会社
所在地 543-0001
大阪府大阪市天王寺区上本町6丁目5-28
アクセス 大阪市営地下鉄谷町線千日前線 谷町九丁目駅から徒歩4分
近鉄大阪上本町駅南向い

目次

概要・略歴編集

1938年昭和13年)3月大阪電気軌道上本町駅南側に設立された映画館大軌小劇場」が前身。当時は洋画のみならず、ニュース映画短編映画も上映していた[1]。その後近畿日本鉄道への改組を機に「上六小劇場」と改めたが、1954年昭和29年)12月、「上六近鉄会館」として改築・再開業した。設計は村野・森建築事務所、施工は大林組が担当[2]。地上階に主に洋画を上映する『上六映画劇場』、地階に主に邦画を上映する『上六地下劇場』が設置された[3]。近鉄会館開業までの天王寺区の映画館は、玉造東宝映画劇場、ヤマト館、三光館、三和劇場の4館のみだった[注 1]

1985年(昭和60年)、上本町駅ターミナル整備(都ホテル大阪や駐車場、観光バスセンターの建設など)の一環として、全面的な改装を実施、上六映画劇場は近鉄劇場に、地階の上六地下劇場は近鉄小劇場として、同年10月3日にリニューアルオープンした。プロデュースは元「プレイガイドジャーナル」誌の演劇担当の松原利巳が担当した。

近鉄劇場は954席[注 2]を設け、劇団四季OSK日本歌劇団、ABCミュージカルなどのミュージカル演劇コンサートといった公演に使われた。一方、近鉄小劇場は420席を設け、小劇団の公演などが数多く行われた。近鉄劇場、近鉄小劇場とも東京の劇団、上演団体の公演が数多くおこなわれ、大阪に東京演劇の最新動向を伝える役割を果たした。

また、隣接した旧近鉄本社ビル(1936年築)も改装されて近鉄劇場別館ビルとなり、『近鉄資料室』が地下に設置されたほか、朝日放送の運営により新進アーチストの作品を展示する『ABCギャラリー』を設置した(のち閉鎖)。また、上本町駅ビルとの間の空間は『シアタースクエア』と名付けられた広場となった。

2000年代に入ると、近鉄グループの再建策の中でレジャー部門の抜本的な見直しが行われることになった。近鉄あやめ池遊園地など遊園地の閉鎖、またOSK日本歌劇団の解散が行われ、当劇場も開業以来赤字が続いたこと、施設の老朽化に加え観客の減少も相俟って、2004年(平成16年)2月4日に閉鎖となり、大軌小劇場時代から通算して66年の歴史にピリオドを打った。なお、同年には大阪近鉄バファローズも創設から55年の歴史に幕を下ろした。

近鉄劇場閉鎖から10ヵ月後の同年12月には扇町ミュージアムスクエア大阪ガスが運営)も閉鎖されたことから、大阪における演劇文化の衰退を危惧する声も聞かれた。

再開発計画編集

閉鎖後は、飲食店が一部残った状態で、建物の解体や再開発計画は進まなかったが、難波にあった大阪新歌舞伎座(旧・大阪歌舞伎座)が老朽化のため2009年(平成21年)6月30日をもって閉館し近鉄劇場跡に移転することが、2007年(平成19年)4月に決定した。2008年(平成20年)より旧劇場の解体と新ビルの建設が進められ、2010年(平成22年)1月15日、近鉄は再開発ビルの名称を「上本町YUFURA(ユフラ)」に正式決定、近鉄創業100周年となる同年8月26日に、新歌舞伎座とともにグランドオープンした。名前のYUFURAは、大阪市内在住の女性からの命名で、「ゆらりふらり」と気軽に立ち寄れる場所をイメージして名づけられた[6]

関連書籍編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 1953年の映画館(近畿地方)「消えた映画館の記憶」を参照した[4]
  2. ^ 文献によっては930席とするものもある[2][5]

出典編集

  1. ^ 第8回 戦前期日本の映画館写真(6)―大阪 新世界 なんば 梅田 阿倍野篇”. NFC Digital Gallery. 東京国立近代美術館フィルムセンター (2014年9月8日). 2017年10月17日閲覧。
  2. ^ a b 近鉄劇場および近鉄小劇場の音 (PDF)大林組
  3. ^ 近畿日本鉄道『80年のあゆみ』(社史、1990年)P.120、140、141
  4. ^ 『全国映画館総覧 1953年版』時事通信社, 1953年
  5. ^ 近畿日本鉄道『80年のあゆみ』(社史、1990年)P.233
  6. ^ ニュースJAPAN2010年6月21日付・関西テレビ放送の大阪府向けローカルニュースより