迦葉山弥勒寺

座標: 北緯36度45分5秒 東経139度3分46秒

鎮守堂

迦葉山弥勒寺(かしょうざんみろくじ) は、群馬県沼田市上発知町にある曹洞宗寺院である。沼田市北部にそびえる迦葉山の中腹に鎮座する。寺号は「迦葉山 龍華院 弥勒護国禅寺(かしょうざん りゅうげいん みろくごこくぜんじ)」だが、一般には単に「迦葉山」と呼ばれることが多い。天狗の寺として知られ、高尾山薬王院鞍馬寺と共に「日本三大天狗」の一つに数えられる。参拝の際には、中峯堂から天狗の面を借りて帰り、願いが成就したら、その面ともう一つ新しい天狗の面を奉納し、また別の面を借りるというならわしがある。

目次

歴史編集

嘉祥元年(848年)に、葛原親王の発願により、比叡山円仁を招いて、天台宗の寺院として創建されたと伝えられている。

康正2年(1456年)に、曹洞宗に改宗する。

境内編集

中峯堂
戦勝祈願・交通安全祈願として奉納された「大天狗面」・「交通安全身代わり大天狗」が安置されている。
坐禅堂
研修道場として使用されている。「諸願成就大天狗」が安置されている。諸願成就大天狗は沼田まつりの際に御輿として出御する。

天狗伝説編集

宝徳3(1451年)に天巽慶順とその弟子中峰が弥勒寺を訪れ、迎えた慈雲律師は法談問答した後「…今日禅師の来るは仏祖の招きならん。永く当山に常住し迦葉不滅の法燈を継ぎ、弥勒下生の暁を期し給え」と天巽に言い遺し入定した。天巽は中興の祖となり、中峰はこれを補佐するが長年童顔変わらず神童と言われるようになる。やがて中峰が「私は迦葉仏の化身なり。当世で為すべき事は終わった。今より末世の衆生を救うため昇天せん」と言い残して昇天し、姿を消した跡に天狗面が残っていたためこれを祀るようになったという。

関連項目編集

外部リンク編集