メインメニューを開く

迷い道

日本の渡辺真知子の楽曲

迷い道」(まよいみち)は、渡辺真知子の1作目のシングル曲。1977年(昭和52年)11月1日にCBS・ソニー(現・ソニー・ミュージックレーベルズ ソニー・ミュージックレコーズ)より発売。

迷い道
渡辺真知子シングル
初出アルバム『海に連れていって
B面 愛情パズル
リリース
ジャンル J-POP
レーベル CBS・ソニー
作詞・作曲 渡辺真知子(作詞・作曲)
船山基紀(編曲)
チャート最高順位
渡辺真知子 シングル 年表
迷い道
(1977年)
かもめが翔んだ日
1978年
テンプレートを表示

目次

概要編集

累計で80万枚[1]を売り上げ、この曲で1978年(昭和53年)大晦日の『第29回NHK紅白歌合戦』に初出場を果たす。かもめが翔んだ日」「ブルー」「唇よ、熱く君を語れ」と共に、彼女の代表曲となっている。[要出典]

この曲は、國實唯理1991年(平成3年)発売のシングル「コーヒー・ルンバ」のC/Wにてカバー、徳永英明2007年(平成19年)発売のアルバム『VOCALIST 3』にてカバーした。

エピソード編集

  • TBS系の音楽番組『ザ・ベストテン』では、1978年3月16日に9位でランクイン、スタジオ初登場となった。その後、9位 - 7位 - 6位 - 8位 - 10位 - 9位 - 7位 - 10位 - 10位と、トップ10ギリギリでランクインし続けたことから、「土俵際の真知子」という称号が与えられていた。[要出典]同年5月18日には12位とベストテン圏外になるものの、同日付で2ndシングルの「かもめが翔んだ日」が14位にランクインし、6月15日に9位で登場する連続ヒットとなった。同年秋の3作目のシングル「ブルー」もベストテン入りしていた。
  • 2009年12月に放送されたテレビ東京放映の『ミューズの晩餐』等、TV番組において、この曲について、「横須賀の実家と東京とを何回も往復して曲を書き直した。」「最初、歌詞は2番までしかなかったが、曲が短いことから、3番の歌詞を追加して作詞した」「既存の3曲から良いとこ取りで曲のエッセンスをまとめて一曲にした」等のエピソードを披露している。[要出典]
  • Guitarブック別冊の『海と愛』(エイプリル出版)という雑誌で、渡辺がデビュー前、カーリー・ヘアーで「ストレイ・キャット」(日本語で迷い猫)というロック・バンドのボーカルをつとめていたことがあり、「迷い」という言葉には古くから縁があった旨のエピソードが紹介されている。[要出典]
  • 「海と愛」では、また、B面曲の「愛情パズル」の歌詞にでてくる「ペコペコサンド」は、当時横須賀のドブ板通りにあった「ペコス」という喫茶店で実際に出されていたメニュー(その後「ペコバーガー」とメニュー名が変更されている)であるというエピソードも紹介されている。[要出典]
  • 月刊明星の記事において、歌い出しの「現在、過去、未来」という歌詞は、当初はサビの部分に配置されていたが、当時の担当者から「この歌詞を最初にもってきたら面白い」とアドバイスされて、今の形になった、というエピソードが紹介されている。[要出典]
  • 1996年(平成8年)には、トヨタビッグチャレンジCMで、当時ドジャースのピッチャーだった野茂英雄と競演した。その内容は、助手席に野茂が、運転席に渡辺真知子が座って運転しながら(道に迷ってたと思われる状況で)「迷い道」を口ずさみ、野茂が「真知子さん、ナビ入れたら?」とつっこみを入れる、というものだった。

収録曲編集

  1. 迷い道
    作詞・作曲:渡辺真知子、編曲:船山基紀
  2. 愛情パズル
    作詞・作曲:渡辺真知子、編曲:船山基紀

カバー編集

脚注編集

  1. ^ 読売新聞』1993年(平成5年)7月12日付 東京夕刊、12頁。