迷える魂を喰らう者

「迷える魂を喰らう者」(Bastion of Broken Souls)ダンジョンズ&ドラゴンズ第3版ロールプレイングゲーム用のアドベンチャーである。

Bastion of Broken Souls
日本語題 迷える魂を喰らう者
必要なルール D&D第3版
レベル 18-
セッティング D&D全般
製作者 ブルース・コーデル
初版出版年 2002年
関連するモジュール
地底の城砦 * 秘密の工房 * 夢でささやく者 * 環状列石の謎 * 夜牙塔の心臓 * 現れた地下都市 * 鋼鉄城の主 * 迷える魂を喰らう者

プロット要約編集

「迷える魂を喰らう者」の中で、グレート・ワイアーム・ドラゴンのアシャーダロンは力を蓄え、デーモン・プリンスの頭領の一人デモゴルゴンはその計画の中で他の頭と特異の存在になるために、プレイヤーキャラクターはドラゴンを殺して破壊する為に十分な力を得ることになる。

出版履歴編集

「迷える魂を喰らう者」は2002年に出版され、著者はブルース・コーデル、カバーアートはジェフ・イーズリー、本文アートはDavid Roachである。2004年には日本語版が発売された。[1]

ブルース・コーデルは自分がデザインしたデモゴルゴンを使うのは、デモゴルゴンが彼のお気に入りのデーモン・プリンスだからだと示唆した。[2]

評判編集

Pyramidのレビュアーは冒険に「彼らは日常のビジネスに取り掛かるようにパーティーによって攻撃に開きがある」と注記したが、しかしこれはただの攻撃ではなく、「キャラクターが18レベルで攻撃者は9フィートの高さと6本の腕を持つフィーンドで、下半身は蛇で上半身は裸の女性で、とげがある鎖を振り回し複数のループを繰り返す。攻撃が一見、どこからともなく繰り出されるという事実は、理由もなくプレイヤーたちの注目を集める必要があり、彼らは間違いなく質問の答えを作るだろう…」レビュアーはまた冒険がいかなるファンタジー・キャンペーンにするっと入れることができること、そしてパーティーが冒険を達成することができた暁には20レベルを超える経験を得ることになること、従ってen:Epic Level Handbookを使うキャンペーンに適しているであろうことにも注記した。[3]

脚注編集

  1. ^ ホビージャパンは「鋼鉄城の主」と本作に付いている応募券を送った全員に、日本オリジナルのマスタースクリーンをプレゼントするキャンペーンを行った。[1]
  2. ^ Ryan, Michael (2002年3月2日). “Product Spotlight: Bastion of Broken Souls”. ウィザーズ・オブ・ザ・コースト. 2013年8月1日閲覧。
  3. ^ http://www.sjgames.com/pyramid/sample.html?id=3706