メインメニューを開く

解説編集

本作の原型は『オール讀物1956年8月号に発表された短編作品『迷路荘の怪人』で[1]、3年後の1959年に東京文芸社の叢書『金田一耕助推理全集』5巻に収録された際に同題の中編作品に改稿され[2]、これに新たに長編作品として加筆・修正を施して、1975年5月に東京文芸社から刊行されたのが本作である[1][3]

本作では『八つ墓村』『不死蝶』と同じように洞窟の中で事件が発生する。本作においては人工に掘らせた地下通路と洞窟が組み合わさっており、犯人がその地下通路を跳梁して殺人を行うところに特色がある。

また、本作で扱われる20年前という過去の事件とそれに関連して起こる現在の新たな殺人事件という設定は、本作以前にも、19年前の殺人事件と現在の殺人事件を扱った『女王蜂』、23年前の殺人事件と現在の殺人事件を扱った『不死蝶』『悪魔の手毬唄』など、多数ある。

あらすじ編集

明治時代の権臣・古館種人(ふるだてたねんど)伯爵富士山の裾野に建てた別荘・名琅荘(めいろうそう)は、屋敷内のあちこちにある「どんでん返し」「抜け穴」などの仕掛けや、廊下から廊下へつながる長局の構造などから、いつしか陰口で「迷路荘」と呼ばれるようになっていた。種人伯亡き後、古館家を継いだ子息の一人(かずんど)は、放蕩を尽して破産寸前となり、最後に残った財産が名琅荘であった[4]。この名琅荘で、昭和5年の秋に世間を震撼させる事件が起きた。

一人伯は、後妻の加奈子と彼女の遠縁にあたる尾形静馬の仲を疑い、2人に日本刀で斬りかかり加奈子を斬殺し、さらに静馬の左腕を一刀のもとに斬り落とすが、静馬に日本刀を奪われ返り討ちにされてしまう。逃亡した静馬の血の跡をたどると、名琅荘の背後の崖にある「鬼の岩屋」と呼ばれる天然の洞窟に続いていた。この洞窟は相当に深く、また手負いの静馬は日本刀を持って逃げ込んだことから、誰もが恐れて静馬を追うものはなく、静馬はそのまま行方不明となった。

一人伯の跡を子息の辰人(たつんど)が継いだが、古館伯爵家は戦後さらに財政が苦しくなり、名琅荘も銀行の抵当流れとなった。これを手に入れたのが新興財閥の篠崎慎吾で、さらに篠崎は莫大な代償を支払って辰人の妻・倭文子を妻に迎え入れた。篠崎は、名琅荘の複雑な構造を利用してホテルに改造し、開業準備を進めていた。その篠崎から事件が起きたという呼び出しを受けて、金田一耕助がホテル名琅荘にやって来たのは昭和25年10月18日のことであった。このとき、名琅荘には元の持主である古館辰人、辰人の母の弟・天坊邦武、加奈子の弟・柳町善衛がホテルのお披露目会のために招待されて集まっており、初代種人伯から古館伯爵家に仕える老女・糸や篠崎の先妻の娘の陽子も滞在していた。

名琅荘で起きた事件とは、真野信也という左腕のない男が一昨日訪ねて来て案内された「ダリアの間」で消えてしまったというものである。真野は篠崎の名刺を持参していたが、篠崎は覚えがないという。「ダリアの間」には地下通路に通ずる隠し扉があったが、その隠し扉を知っていたことや左腕がないことから、昭和5年の事件で行方不明になっている尾形静馬が何らかの意図を持って乗り込んできたのではないかとも思われた。金田一がその話を聞いている最中、倉庫の中にある送迎用の馬車の座席の上で辰人の絞殺死体が発見された。辰人の左腕は体に縛られて、服の袖は左腕がない如くブラブラしていた。

翌日、「ダリアの間」の隣の「ヒヤシンスの間」のバスルームで天坊邦武の死体が見つかる。部屋の鍵はマントルピースのお盆の上に乗せられており、密室殺人であった。さらに、女中のタマ子が前夜から行方不明になっていた。

タマ子捜索のため、警察と金田一らが地下通路と「鬼の岩屋」の二手に分かれて探索を行っていると、女の悲鳴が聞こえた。金田一たちが駆けつけると地下通路で鼠に食い荒されていたタマ子の死体が発見され、さらに地下通路の出口である仁天堂で、後頭部を何か堅いもので強打されて瀕死状態の陽子が発見された。陽子は「パパが…」と言い残して意識を失っていた。

ここに至ってようやく金田一は一連の事件の真相に到達する。

登場人物編集

  • 金田一耕助(きんだいち こうすけ) - 私立探偵
  • 風間俊六(かざま しゅんろく) - 土建業者。金田一のパトロンで、篠崎慎吾とも親しい。本作では金田一との電話などでのみ登場し、姿は現さない。

名琅荘関係者編集

古館家および親族編集

  • 古館種人(ふるだて たねんど) - 明治の権臣・元老・伯爵、名琅荘の創始者。明治45年に死亡、享年68。
  • 古館一人(ふるだて かずんど) - 種人の息子、伯爵。昭和5年に後妻の加奈子と尾形静馬を殺そうとするが、静馬の返り討ちに遭い死亡する。
  • 古館加奈子(ふるだて かなこ) - 一人の後妻。昭和5年に一人に殺される。
  • 古館辰人(ふるだて たつんど) - 一人の息子、元伯爵。母は加奈子ではなく父の先妻。旧華族のなかでも有名な美貌のもちぬし。
  • 尾形静馬(おがた しずま) - 加奈子の親戚。昭和5年に一人に左腕を切り落とされ、その後一人を殺して行方不明となった。
  • 天坊邦武(てんぼう くにたけ) - 元子爵、辰人の実母の弟。侏儒ビリケンを連想させる、卵型の頭をした短躯肥満型の人物。
  • 柳町善衛(やなぎまち よしえ) - 元子爵、加奈子の弟。フルートの名手。ヘビースモーカールパシカふうの上着を着こなしている。

篠崎家編集

  • 篠崎慎吾(しのざき しんご) - ホテル名琅荘オーナー。剣道五段。
  • 篠崎倭文子(しのざき しずこ) - 慎吾の妻。先夫は古館辰人。
  • 篠崎陽子(しのざき ようこ) - 慎吾の娘。母は倭文子ではなく父の先妻。

使用人および客人編集

  • お糸(おいと) - 種人の。名琅荘が篠崎の手に渡った後も、引き続き取り仕切っている。
  • 奥村弘(おくむら ひろし) - 慎吾の秘書。
  • 速水譲治(はやみ じょうじ) - ホテル名琅荘従業員。風間俊六に引き取られた日米混血の戦災孤児。風間から篠崎に預けられた。
  • 戸田タマ子(とだ たまこ) - ホテル名琅荘女中。強い近視だが、眼鏡をかけるのをいやがっている。譲治と恋仲。
  • お杉(おすぎ) - ホテル名琅荘女中。
  • 真野信也(まの しんや) - ホテル名琅荘の客人。左腕がない。

地元関係者編集

警察編集

  • 田原(たはら) - 静岡県警警部補富士署管轄区内の捜査主任。
  • 井川(いがわ) - 静岡県警富士署の老刑事。昭和5年の事件を追い続けている。
  • 小山(こやま) - 静岡県警富士署の若い屈強の刑事。当初から捜査に深く関わり、後半では調査のため東京へ出張した。
  • 江藤(えとう) - 静岡県警富士署の刑事。本作では伝令役を多く引き受けている。
  • 久保田(くぼた) - 静岡県警富士署の刑事。地下通路と「鬼の岩屋」の同時捜索応援要員として途中から参加、終盤で慎吾狙撃現場付近に居合わせ、犯人を追跡しようとした。

医療関係 編集

  • 森本(もりもと) - 地元の医者。警察医
  • 深尾(ふかお) - 陽子が襲撃されて重態となったときに森本が連れてきた、老練の看護婦

テレビドラマ編集

1978年版編集

横溝正史シリーズII・迷路荘の惨劇』は、TBS系列1978年10月14日から10月28日まで毎週土曜日22時 - 22時55分に放送された。全3回。

キャスト
スタッフ

2002年版編集

金田一耕助ファイル 迷路荘の惨劇』は、テレビ東京系列BSジャパン共同制作の2時間ドラマ女と愛とミステリー」(毎週水曜日20時54分 - 22時48分)で2002年10月2日に放送された。

この作品では舞台を静岡から京都に変更している。

キャスト
スタッフ

脚注編集

  1. ^ a b 角川文庫版『迷路荘の惨劇』(1996年(平成8年)9月25日改版以前のもの) の中島河太郎による巻末解説参照。
  2. ^ 宝島社『別冊宝島 僕たちの好きな金田一耕助』 金田一耕助登場全77作品 完全解説「18.迷路荘の惨劇」参照。
  3. ^ 同じような経緯で長編作品として発表された横溝作品は、『女王蜂』『仮面舞踏会』『病院坂の首縊りの家』など多数ある。
  4. ^ 原作の記述に曖昧な部分があるが、品川の本宅は昭和5年の事件の時点では手放して親戚中の共同管理となっており、事件後の財産整理で取り戻したが、篠崎慎吾が関わるようになったころには一部を失っており、本作の前年以降に全てを手放したものと思われる。

関連項目編集

外部リンク編集