メインメニューを開く

退屈貴族 un noble ennuyeux(たいくつきぞく)とはフジテレビ2003年10月2004年3月に放送された深夜番組である。「月深」枠内で、放送時間は毎週月曜深夜24:58~25:28(JST)。

番組進行編集

退屈な貴族たち(ココリコと週替わりのゲストの計4人)が世界中から集めた「退屈をしのぐVTR」(または、映像ディッシュともいう)を1つずつ鑑賞する。退屈な貴族たちは「世界のありとあらゆるものに飽きてしまった」ので、どんなVTRにも無表情を維持しなくてはならない。笑ったり驚いたりなどの顔を変えることをしてしまったら、鉄仮面の操作でイスが落ち、VTRの下の小さい画面から顔が写らなくなる罰が執行される。全員罰が執行されたらVTRが全画面に写る。ちなみに、番組のロゴや、翻訳テロップから、フランス貴族をイメージしている。浜口順子の一発芸で番組がスタートする。

末期の番組進行編集

ゲスト(このときは4名)がおすすめするお笑い芸人のネタを鑑賞する。どんなに笑っても罰は執行されない。

疑惑編集

週刊文春』2012年3月8日号に、フジサンケイグループの権力闘争をえがいた『メディアの支配者』でジャーナリストの中川一徳が執筆した、

「2003年12月4日に撮影され翌年1月19日に放送された「東洋のランボー」という企画の中で、74歳の老人を河川敷に連れ出し、並べたダンボールに灯油を撒いて火をつけた上を歩かせた。老人は最重度(3度)の火傷を負い、体温が34度まで低下して危篤状態となり、その後一度も自宅に帰ることなく2007年9月、腎不全で死亡した。この件で2003年12月10日、警察署はフジテレビに対し、老人の氏名等を挙げ「火の上を歩くロケをおこなったか」と問い合わせたが、フジテレビ側は5日後「該当するロケはない」と回答。警察は事件性はないと判断し自傷事故として処理した。放送後、視聴者からの「やりすぎだ」という声を受け、スタッフらが老人の親族に謝罪。警察に事故を届け出て、元警察幹部のフジテレビ顧問も警察署に説明に訪れた。しかし事故の公表はせず、主要スタッフを「退屈貴族」担当から外した以外、一切の処分を行わなかった。また老人の治療費はフジテレビが負担したとしているが、実際には全額公費によって賄われている。」

という内容の記事が掲載された[1]

出演者編集

  • 田中ナオキスキーIII世(田中直樹
  • 遠藤ショウゾニーモ(遠藤章造
  • メイド浜口(浜口順子)
  • 鉄仮面(事実上の番組の進行役)
  • 週替わりのゲスト(2名)

スタッフ編集

脚注編集

  1. ^ 中川一徳 『発掘スクープ とんねるず番組だけじゃない フジテレビがヒタ隠す “火渡り”で老人に重傷を負わせた最低の番組』 週刊文春 2012年3月8日号

関連項目編集

外部リンク編集