退行

精神分析家ジークムント・フロイトによって防衛機制のひとつとされている事象

心理学において退行(たいこう、Regression)とは、精神分析家ジークムント・フロイトによれば防衛機制のひとつであり、許容できない衝動をより適切な方法で処理するのではなく、自我を一時的または長期的に、発達段階の初期に戻してしまう事である[1]。退行の防衛機制は、精神分析理論においては、個人の性格が、より幼稚な性癖を採用し、発達段階の初期に戻るときに起こる[2]

ごねる子供

フロイト編集

フロイトは神経症の研究において、その中心的形成要素として、発達、固着、退行を見出した。フロイトは「リビドー機能が長期に発達している」と主張し、「この種の発達には、第一に阻害、そして第二に退行という、二つの危険が伴う」と仮定した[3]。阻害によって固着がまねかれ、「発達の道筋に固執していれば、固着した機能に回帰することによって、その機能で外的困難を回避しやすくなる」という[4]

フロイトにとって神経症は、不満足な現実からの飛躍の産物であり、退縮、退行、初期段階への性的生活の復帰という筋道をたどり、満足感が満たされなかったある段階に至る。[5]

脚注編集

  1. ^ B.J.Kaplan; V.A.Sadock 『カプラン臨床精神医学テキスト DSM-5診断基準の臨床への展開』(3版)メディカルサイエンスインターナショナル、2016年5月31日、Chapt.4。ISBN 978-4895928526 
  2. ^ Psychology Dictionary (R) at AllPsych Online”. allpsych.com. 2008年3月11日閲覧。
  3. ^ Sigmund Freud, Introductory Lectures on Psychoanalysis (Penguin Freud Library 1) p. 383
  4. ^ Freud, Introductory Lectures p. 385
  5. ^ Defenses”. www.psychpage.com. 2008年3月11日閲覧。

関連項目編集