逆カルノーサイクル

逆カルノーサイクル(ぎゃくカルノーサイクル、: reversed Carnot cycle)は、理論的に最も効率の高い理想的な可逆熱サイクルである。カルノーサイクルを逆運転させたものであり、低温の熱源絶対温度TC)から高温の熱源(TH)へ熱を移動させる。ヒートポンプなど冷凍サイクルとしては一番能率の良いものであるが、実現は不可能である(似たような物は作れる。この似たような物を逆カルノーサイクルと呼ぶこともある)。

逆カルノーサイクルのP-V線図
逆カルノーサイクルのP-V線図
逆カルノーサイクルのT-S線図
逆カルノーサイクルのT-S線図

サイクル編集

理論成績係数編集

成績係数COPは吸熱量を見る冷凍機サイクルとしての(COP)R と、放熱量を見るヒートポンプサイクルとしての(COP)H に分けられる。

 
 

ここで

  • (COP)R : 冷凍サイクルの理論成績係数
  • (COP)H : ヒートポンプサイクルの理論成績係数

である。 また、熱量QHQC および外部から供給された有効仕事W は、各状態の絶対温度TエントロピーS を用いて次のように表される:

 
 
 

関連項目編集

参考文献編集

  • 佐藤俊、国友孟『熱力学』丸善、1984年、121頁。ISBN 4-621-02917-7