メインメニューを開く

逆機(ぎゃくき)とは、蒸気機関車のような片運転台機関車が、転車台のない線区において、逆向きで運転したり、列車を牽引したりすることである。バック運転ともいう。

主に、タンク機関車のように後方に窓のある蒸気機関車、テンダー機関車の一部(日本においては炭水車の両端が低く設計されたC56形がその一例である)が行っていた。

タンク機関車やガーラット式蒸気機関車は、炭水車がないため逆機は容易であるが、テンダー機関車の場合は、炭水車があるため重量の関係で脱線事故が起きる危険性があったり、最高速度が制限されるなど問題点があり、実例としてドイツのプロイセン邦有鉄道P8型蒸気機関車は、炭水車との連結部の問題から前進時には100 km/hほど出せたのに対し、後進時は50 km/hの制限を受けていたケースがある[1]

目次

逆機が行われることのある列車の例編集

逆機が行われたことのある列車(運転を終了したものも含む)の例編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ なお、のちに炭水車を更新した車両ではこの問題が改善され、後進時に85 km/hまで出せるようになった。

関連項目編集