メインメニューを開く
殺人拳シリーズ > 逆襲! 殺人拳

逆襲! 殺人拳』(ぎゃくしゅう! さつじんけん、The Street Fighter's Last Revenge )は、1974年日本映画主演千葉真一監督小沢茂弘製作東映カラーシネマスコープ、83分。『殺人拳シリーズ』の第三作。

逆襲! 殺人拳
The Street Fighter's Last Revenge
監督 小沢茂弘
脚本 高田宏治志村正浩・小沢茂弘
出演者 千葉真一
池玲子
和田浩治
山城新伍
鈴木正文
志穂美悦子
音楽 津島利章
撮影 山岸長樹
編集 市田勇
製作会社 東映
配給 日本の旗 東映
アメリカ合衆国の旗 ニュー・ライン・シネマ
公開 日本の旗 1974年11月22日
アメリカ合衆国の旗 1979年2月
上映時間 83分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 殺人拳2
次作 子連れ殺人拳
テンプレートを表示

目次

解説編集

世界的に大ヒットした『殺人拳シリーズ』で[1][2]空手拳法の達人である非情なプロフェショナルの活躍を描いた第三弾。剣琢磨つるぎたくま(千葉真一)、政岡憲道(鈴木正文)らが引き続き出演してストーリーは繋がっており、奔放なヒロインに池玲子、沖縄武術の達人で琢磨に立ちふさがる検事和田浩治、コメディリリーフに山城新伍、琢磨に挑むプロフェッショナルに志穂美悦子が配役され、実際の空手家では大塚剛が出演した。本作でも千葉は空手や拳法の格闘に加えてアクロバティックな宙返りを駆使し[3]サイドターンして乗用車を止めるのを吹き替え無しで演じている。舞台は銀座月島後楽園ゆうえんち湘南になっているが、東映京都撮影所で製作されたため、近畿一円やクライマックスの決闘は淡路島マリーナロケーション撮影された。

予告編のBGMには、『激突! 殺人拳』の一部が使われている。

ストーリー編集

銀座にトレーニングジムと変装用の衣裳部屋を設けている剣琢磨は、非合法な仕事を請け負うプロフェッショナル。月島の和栄興業ビルで東光化学の内情が暴露されているカセットテープを盗もうとしていた大和田剛は警官隊に包囲され、兄の青巌に救援を求めていた。財界の黒幕である青巌は1千万で剛を救出するよう、琢磨を雇う。機動隊の一員に化けた琢磨は警官たちを叩きのめして、剛を大和田一派が待つ筑波台の造成地へ連れていく。大和田たちは謝礼金を渡さなかったので琢磨が一派をぶちのめす。そこに女用心棒の火鳳が現れ、琢磨は戦いを挑まれ、その隙に剛たちは逃走してしまった。琢磨は左ハイキック、右後ろ回し蹴りと連続技を繰り出し、スキが出た火鳳の腹に左横蹴りをぶちかました。「女にしてはなかなかやるが、おれに立ち向かうには10年早い。花嫁修業でもするんだな」と言い放ち、大和田たちを追う。

青巌は東光化学の株主総会で用心棒の桜木一鉄ら配下を送り込み、株主の反対をひっくり返して総会を終了させてしまう。その謝礼に社長の飯塚昌之助から100万の小切手を受け取るが、同時にカセットテープを聞かせ、小切手に「0を三つ足していただきましょう(10億円)。あなたがたは石油パニックに便乗して巨額の利益を得られた。隠し資産で数百億あることはわかっている」と恐喝した。この交渉中に琢磨が乱入。桜木が戦うものの、琢磨はテープを奪い取る。青巌は必死に説得するが「おれの契約は裏切られるたびに10倍に跳ね上がるんだ。金が用意できるまで待ってるぜ」と言い残し、天井へ忍者のように飛びつき、屋根裏から軽やかに逃げてしまった。青巌は「テープが公表されたらおしまいだ」と飯塚からも詰め寄られる。

帰宅した青巌は剛を謹慎させ、妹の亜矢が推薦するフランキー・ブラックを新たな殺し屋として雇い、琢磨を呼び出して色仕掛けを琢磨からテープを奪おうとする。検事の国頭武良は大和田青巌を調査していたのでテープの存在を知り、琢磨に憧れる君子を人質に取る法の番人としてあるまじき行為で、琢磨からテープを横取りしようと動き出した。テープを巡って琢磨、国頭、大和田一派の三つ巴の戦いになっていくが、誰がテープをものにし、勝利と大金を手中にできるか?琢磨は殺し屋たちに襲われ、卑劣な罠を仕掛けられながらも、明晰な頭脳と空手や拳法の類まれなる腕前で敵を蹴散らしていく。

キャスト編集

スタッフ編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 高平哲郎 (2011年5月18日). “JJサニーちば、真面目さと優しさに溢れ…”. ZAKZAK. 夕刊フジ. 2015年11月26日閲覧。
  2. ^ 中村カタブツ 『極真外伝 〜極真空手もう一つの闘い〜』 ぴいぷる社(原著1999年12月25日)、初版第一刷、179頁。ISBN 4893741373
  3. ^ 逆襲! 殺人拳”. 日本映画製作者連盟. 2015年11月26日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集