メインメニューを開く

透光の樹』(とうこうのき)は、2004年10月30日公開の日本映画1999年度の谷崎潤一郎賞を受賞した高樹のぶ子の原作の映画化である。

透光の樹
監督 根岸吉太郎
脚本 田中陽造
原作 高樹のぶ子
製作 朝野勇次郎
出演者 秋吉久美子
永島敏行
音楽 日野皓正
撮影 川上皓市
編集 鈴木晄
配給 シネカノン
公開 2004年10月30日
上映時間 121分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

目次

ストーリー編集

石川県鶴来町(現白山市)を舞台にした恋愛ドラマ。映像制作会社の社長の今井郷は、25年前の面影を残した千桐と愛人契約を交わす。

キャスト編集

刀鍛冶・山崎火峯の娘。
映像制作会社の社長。

スタッフ編集

恐喝未遂事件編集

撮影当初、今井郷役は萩原健一が担当していたが途中降板となった。この降板により、製作側は萩原に前払いした出演料の半額を返還するように求めたが、萩原は「一方的に降板させられた」として返還を拒否し、また出演料全額の支払いを要求した。そして2004年6月、萩原はプロデューサーの岡田裕に電話をかけ、国税局警視庁、実在する暴力団の名前を挙げて出演料の支払いを強要するかのような伝言を留守番電話に入れた[1][2][3]

これにより萩原は2004年11月に刑事告訴され、2005年2月に恐喝未遂容疑で逮捕された。その後、同年6月に東京地裁で懲役1年6か月・執行猶予3年の有罪判決を受け、しばらく芸能活動を休止させることとなった[4][5]

関連書籍編集

脚注編集

外部リンク編集