メインメニューを開く

通りゃんせ』(とおりゃんせ)は、江戸時代に歌詞が成立したと見られるわらべうた

作詞者不明、本居長世編・作曲[1]、あるいは、野口雨情作とも伝えられる(1920年頃収録レコード[要説明]に作者として記載されている)。

目次

歌詞編集

意味編集

 
「通りゃんせ」発祥の地碑
小田原市山角天神社)

神奈川県小田原市菅原神社(山角天神社)や埼玉県川越市三芳野神社が舞台であるという説があり、共に発祥の碑がある。

このほか関所を舞台とするという説(出立は楽だが帰還の際は厳しく調べられるという歌詞)もある。

この歌詞の意味に神隠し伝説や人柱埋蔵金伝説の関連付けをする人は多く、しばしば小説映画ドラマゲーム等の創作の題材として取り上げられる。

原文編集

通りゃんせ 通りゃんせ
ここはどこの 細道じゃ
天神さまの 細道じゃ
ちっと通して 下しゃんせ
御用のないもの 通しゃせぬ
この子の七つの お祝いに
お札を納めに まいります
行きはよいよい 帰りはこわい
こわいながらも
通りゃんせ 通りゃんせ

歌の訳編集

通りなさい、通りなさい。
ここは、どこの細道ですか?
天神様の細道ですよ。
ちょっと通して下さいませんか?
御用の無い者は、通しはしません。
この子の七つの御祝いに、御札を納めに参ります。
行きは良いですが、帰りは困難です。
困難ですが、
通りなさい、通りなさい。

楽譜編集

 

あそびかた編集

二人の子供が向かい合って立ち両手を繋いであげ関所をつくり、他の子供たちが列になってこの手の下をくぐっていく。この間、『とおりゃんせ』を歌い、歌の終わりで、両手を挙げていた子供らがさっと手を下ろす。ちょうどそこにいきあたった子供がつかまって関所役の子供と交代する。

ロンドン橋と同様の遊び方もある。

使用・歌唱・アレンジ等編集

音響装置付信号機編集


この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

かつて、日本の横断歩道に設置されている音響装置付信号機には、いろいろな曲のメロディが使用されていたが、視覚障碍者の混乱を招くことも少なくなかったため、1975年に2種のメロディ(『通りゃんせ』、『故郷の空』)および2種の鳥の擬音(「ピヨ」、「カッコー」)が制定された[2]

その後2003年に、今後の音響装置付信号機には鳥の擬音を使用したものを設置するように通達が出された[3]。そのため、『通りゃんせ』に限らずメロディを使用したものは、鳥の擬音を採用した信号機に置き換えられつつある。

その他編集

出典編集

  1. ^ 唱歌のことば今ここに 「通りゃんせ」”. 多摩ニュータウンタイムズ (2007年11月1日). 2013年6月28日閲覧。
  2. ^ 音響信号機に関するQ&A (PDF)”. 交通規制課コーナーへようこそ!!. 警察庁 (2014年3月25日). 2016年8月20日閲覧。
  3. ^ (PDF) 視覚障碍者用付加装置に関する設置・運用指針の制定について(通達) (Report). 警察庁. (2003-10-22). 丁規発第77号. https://www.npa.go.jp/pdc/notification/koutuu/kisei/kisei20031022.pdf 2016年8月20日閲覧。. 

外部リンク編集