メインメニューを開く

通信対局 囲碁道場2700問』(つうしんたいきょく いごどうじょう2700もん)は、2008年8月5日よりWiiウェアダウンロード販売開始された任天堂初のコンピュータ囲碁ソフトである。『通信対局』シリーズ第2弾。

通信対局 囲碁道場2700問
ジャンル 囲碁
対応機種 WiiWiiウェア
開発元 スパイスゲームズランカースサザンクリエイト
発売元 任天堂
人数 1 - 2人
発売日 2008年8月5日
デバイス Wiiリモコン
その他 ニンテンドーWi-Fiコネクション対応
テンプレートを表示

概要編集

対局(19路盤・13路盤・9路盤)はオフライン、オンライン(ニンテンドーWi-Fiコネクションを利用)、初心者向けにコンピュータとの練習対局がある。棋譜データの保存により、対局の中断・再開(ただし、オンライン対局では再開時の相手はコンピュータになる)や打ち筋の研究が可能。オンラインはフレンド登録した相手のほか、初級・中級・上級とレベルを自己申告することで相手を募集、対局履歴によりマッチングの精度が上がっていく。

ほかにも囲碁講座(初級・上級)、定石集が収録されている(問題・解説はケイティアンドワイズWindows用ソフト「囲碁塾」「棋力アップシリーズ」「お気軽囲碁対局IV」のものを使用)。

備考編集

「任天堂が囲碁ゲームを出す際は、ゲームのCPU(思考ルーチン)が山内溥と勝負し、それに勝たなければならない」という暗黙のルールがあり、このゲームが発売されるまで、任天堂は一度も囲碁ゲームを発売したことが無い。

関連項目編集

外部リンク編集