通信教導隊 (陸上自衛隊)

通信教導隊(つうしんきょうどうたい、JGSDF Signal School Unit:SSU)は、神奈川県横須賀市久里浜駐屯地に駐屯する、陸上自衛隊通信学校隷下の通信科教導隊(教育支援部隊)である。

通信教導隊
創設 1961年(昭和36年)
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Flag of the Japan Self-Defense Forces.svg 陸上自衛隊
部隊編制単位
兵科 通信科
兵種/任務/特性 教育支援、戦術研究
所在地 神奈川県 横須賀市
編成地 久里浜
上級単位 陸上自衛隊通信学校
現司令官  
テンプレートを表示

概要編集

通信教導隊は陸上自衛隊通信学校の入校学生に対する教育支援や戦術の研究、教範の作成支援などを行い、全通信部隊の範となるべく創設された。

また、過去には防衛庁長官直轄部隊に所属する女性隊員の持続走集合訓練を担任していたが現在は行われていない。

平成29年度以降、当隊に女性自衛官教育隊の一部の教育要員が派遣されており、自衛官候補生課程(女子)の教育を実施している[1]

沿革編集

通信教導隊

  • 1961年(昭和36年):通信学校臨時教育隊から改編、編成完結する。
  • 1993年(平成 5年):対電子小隊を新編。
  • 1998年(平成10年):本部管理中隊を新編し大隊編成となる。
  • 2002年(平成14年) 3月27日:後方支援体制移行に伴い、整備部門を東部方面後方支援隊通信教育直接支援中隊に移管。
  • 2017年(平成29年)4月8日:自衛官候補生課程(女子)の教育を開始。

部隊編成編集

  • 通信教導隊本部
  • 本部管理中隊「通教-本」
  • 第1通信中隊「通教-1」
  • 第2通信中隊「通教-2」

整備支援部隊編集

  • 東部方面後方支援隊通信教育直接支援中隊:2002年(平成14年)3月27日から

主要装備等編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 自衛隊ニュース2017年5月1日”. 防衛ホーム新聞社. 2018年4月14日閲覧。