通町 (横浜市)

神奈川県横浜市南区の町名

通町(とおりちょう、: Tōri-chō)は横浜市南区の町名。現行行政地名は通町1丁目から通町4丁目で、住居表示は未実施[5]郵便番号は232-0056[3]。面積は0.071km2[1]

通町
市営地下鉄弘明寺駅。左側は弘明寺方面につながるかんのん通り商店街の入り口にあたる。
市営地下鉄弘明寺駅。左側は弘明寺方面につながるかんのん通り商店街の入り口にあたる。
通町の位置(横浜市内)
通町
通町
通町の位置
通町の位置(神奈川県内)
通町
通町
通町の位置
北緯35度25分39.5秒 東経139度36分21.5秒 / 北緯35.427639度 東経139.605972度 / 35.427639; 139.605972
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
市町村 Flag of Yokohama, Kanagawa.svg 横浜市
南区
面積
 • 合計 0.071km2
人口
2017年(平成29年)12月31日現在)[2]
 • 合計 1,775人
等時帯 UTC+9 (日本標準時)
郵便番号
232-0056[3]
市外局番 045 (横浜MA)[4]
ナンバープレート 横浜

地理編集

鎌倉街道神奈川県道21号横浜鎌倉線)に沿った北東~南西に細長い町域を持ち、北東が1丁目となっている。北西は中島町、南西は大岡、南東は若宮町、北東は宮元町と接している。1・2丁目の境で鎌倉街道と環状1号線(横浜市主要地方道84号保土ヶ谷宮元線)が交差する。鉄道駅は4丁目に市営地下鉄弘明寺駅があるほか、1丁目は同蒔田駅が最寄りとなる。京急本線井土ヶ谷駅も近い。面積当たりの事業者数は区内で南吉田町に次いで2位であり、商店の密度では区内一である。人口密度は区内平均よりやや高いが、高層住宅は少ない[6]

歴史編集

沿革編集

かつての中区大岡の一部で、1928年昭和3年)に新設された。町名は金沢往還の通り沿いであることから採られた説がある[7]1943年に中区から南区が分離した事により、南区通町となる。1914年に鎌倉街道上に横浜市電弘明寺線が開通。通町1丁目、通町2丁目、弘明寺の停留所が設けられた。1956年には通町1丁目から北に分岐し、保土ケ谷橋方面に向かう市電井土ケ谷線が開通したが、いずれも1968年に廃止された。1972年には4丁目の旧弘明寺停留所付近に横浜市営地下鉄弘明寺駅が開業した[8]

世帯数と人口編集

2017年(平成29年)12月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

丁目 世帯数 人口
通町1丁目 181世帯 283人
通町2丁目 407世帯 686人
通町3丁目 197世帯 378人
通町4丁目 282世帯 428人
1,067世帯 1,775人

小・中学校の学区編集

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[9]

丁目 番地 小学校 中学校
通町1丁目 全域 横浜市立大岡小学校 横浜市立南中学校
通町2丁目 全域
通町3丁目 全域
通町4丁目 全域

交通編集

鉄道編集

道路編集

施設編集

関連項目編集

  • 通町 - 曖昧さ回避のためのページ

脚注・参考資料編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 横浜市町区域要覧”. 横浜市 (2016年3月31日). 2018年1月24日閲覧。
  2. ^ a b 横浜の人口 - 登録者数(市・区・町・外国人) - 町丁別世帯と男女別人口”. 横浜市 (2017年12月31日). 2018年1月24日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年1月23日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年1月23日閲覧。
  5. ^ 横浜市南区の町名一覧(横浜市役所) (PDF) 2010年11月18日閲覧
  6. ^ 『角川日本地名大辞典』p1052
  7. ^ 『横浜の町名』1996年12月、横浜市市民局総務部住居表示課発行
  8. ^ 『角川日本地名大辞典』p622-623
  9. ^ 小中学校等通学区域”. 横浜市 (2017年11月15日). 2018年1月24日閲覧。