通詞(つうじ)とは、江戸幕府世襲役人で公式の通訳者のことである。ポルトガルとの南蛮貿易の際の通訳に始まり、オランダ貿易中国貿易などを担当した。漢字は通事通辞通弁などとも書き、出島役人などとも言う。

蘭学などが彼らによって日本に入ってきたように、西洋文化受容の受け皿となっていた。

文化5年(1808年)のイギリスフェートン号事件嘉永6年(1853年)のロシアプチャーチンの来航など、諸外国が日本との国交を求めるようになると、通詞たちはイギリス語ロシア語の習得を命じられるようになった。

長崎版編集

嘉永元年(1848年)に舶来した印刷機をもとに、品川藤兵衛、楢林定一郎、本木昌造、北村元助らの案で、長崎奉行所の西役所に活字版摺立所が設立された。そこで印刷された欧文出版物群を長崎版と呼ぶ。

安政4年(1857年)には、江戸町五ケ所宿老会所に移転。活字鋳造を試みるなど、西洋技術の導入が試みられ、後の築地活版印刷へとつながっていく。

関連項目編集