造幣局の一覧

ウィキメディアの一覧記事

造幣局の一覧編集

造幣局の一覧は、貨幣を製造する造幣局(企業・組織)の一覧である。紙幣を製造する印刷局については印刷局の一覧を参照

アイスランド編集

アイルランド編集

アメリカ合衆国編集

政府機関 アメリカ合衆国造幣局

一般企業

アルゼンチン編集

アンドラ編集

イギリス編集

政府機関

一般企業

イスラエル編集

イタリア編集

イラク編集

インド編集

インドネシア編集

  • インドネシア共和国印刷公社 Perum Peruri (英語版) 正式名称 Perum Percetakan Uang Republik Indonesia (Money Printing Public Company of the Republic of Indonesia)

ウクライナ編集

エジプト編集

沿ドニエストル共和国編集

オーストラリア編集

オーストリア編集

Burg Sparbereggドイツ語版(1477 - 1567年) - 1567年からハーゼック城に移転した。

オランダ編集

カザフスタン編集

カナダ編集

キプロス編集

  • キプロス中央銀行 Central Bank of Cyprus (英語版) 2017年まで旧キプロス・ポンド紙幣・貨幣を兌換

キューバ編集

ギリシア編集

クロアチア編集

ケーマン諸島編集

コスタリカ編集

コロンビア編集

シエラレオネ編集

シンガポール編集

ジンバブエ編集

スイス編集

スウェーデン編集

  • スウェーデン貨幣製造会社 AB Myntverket AB Myntverket (スウェーデン語版)もしくはMyntverket (英語版)

スペイン編集

スロバキア編集

セルビア編集

大韓民国編集

チェコ共和国編集

チャネル諸島編集

チリ編集

中国編集

中華民国(台湾)編集

デンマーク編集

ドイツ編集

連邦政府の造幣局は各州にそれぞれ置く

一般企業

トルコ編集

ナイジェリア編集

日本編集

ニュージーランド編集

ノルウェー編集

パキスタン編集

  • パキスタン造幣局 Pakistan Mint (イギリス領インド時代のラホール造幣局を継承)

バチカン編集

バミューダ諸島編集

パレスチナ編集

  • Palestine Mandate Coins and Banknotes  現在はイスラエルに依存[10]

ハンガリー編集

フィジー編集

  • フィジー造幣局 独立25周年記念貨幣ほか記念硬貨

フィリピン編集

フィンランド編集

ブラジル編集

フランス編集

フランス太平洋植民地編集

ブルガリア編集

ベネズエラ編集

ベルギー編集

  • ベルギー王立造幣局 Monnaie royale de Belgique (名称は Royal Belgian Mint あるいは Monnaie Royale de Belgique あるいは Koninklijke Munt van België)

ペルー編集

ポーランド編集

ポルトガル編集

マカオ編集

  • マカオ政府造幣所 Instituto Emissor de Macau E.P. (Macao SAR) (英語版) 2014-2015年期から中国の特区、造幣所は停止。

マレーシア編集

南アフリカ編集

メキシコ編集

  • メキシコ造幣局 Mexican Mint (Casa de Moneda de México)

ヨルダン編集

  • ヨルダン中央銀行 Central Bank of Jordan (英語版) 現行の造幣局。パレスチナ造幣局から法定通貨を支給される時代 (イギリス所在の造幣機関) を経て1964年より独自に発行

ヨーロッパ連合編集

  • ユーロミント・プロジェクト Euromint Project (英語版) ヨーロッパ委員会 (E.C.) が域内地域との協力プログラムで企画した「中近世の造幣所の保存と復元」プロジェクト。ポルトガル (ポルト) 、スペイン (セゴビア) 、チェコ共和国 (クトナー・ホラ) が国際協力

リトアニア編集

ルクセンブルク編集

レソト編集

ルーマニア編集

ロシア編集

注釈編集

脚注編集

  1. ^ アイルランド中央銀行・金融サービス機構造幣局は欧州中央銀行の傘下
  2. ^ タワー・ミント株式会社は1976年、ラファエル・モクロウフ (国内および在外領の法定貨幣にエリザベス2世の肖像を数多く手がけた原形彫刻師が創設。国外法定貨幣の受注先はジブラルタル政府、ツバル政府、アンドラ貨幣公社 (Servei D’Emmissions) 、ガーナ銀行
  3. ^ ポブジョイ・ミント株式会社の納品先は国と地域をふくむ約30件。マン島、アセンション諸島、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ボリビア、ブルンジ、クック諸島、エリトリア、エチオピア、フォーク諸島、ガンビア、ジブラルタル、キルギスタン、リベリア、マカオ、ニウエ、ペルー、フィリピン、セントヘレナ、セネガル、セイシェル、シエラレオネ、ソマリランド、南ジョージア、南サンドイッチ諸島、スペイン、タンザニア、トケラウ、トリスタン・ダ・クーナ、ウズベキスタン、西サモア。
  4. ^ 出典は世界の造幣局・コイン発行会社 (Mints of the World)
  5. ^ オーストリア造幣局駐日事務所の概要
  6. ^ 新・世界貨幣大事典 著者:平木啓一 PHP研究所 p.311
  7. ^ a b (Paperback) Coinage in Jersey: 200 Years. Societe Jersiaise. (May 20, 2009). ISBN 978-0901897473 
  8. ^ 現存する最も古い造幣企業 瀋陽の造幣博物館(AFP通信、CNS
  9. ^ about the bank より
  10. ^ Palestine Mandate Coins and Banknotes-A Numismatic Chronology”. Wordpress.org. 2016年2月25日閲覧。

外部リンク編集

  • Mints of the World - 世界の造幣局(貨幣蒐集家グループのサイト) (英語版)