メインメニューを開く

人物編集

劇団昴に所属した後、三ツ矢雄二主催のプロジェクト・レヴューに参加していた。また、振り付け師として初期のスタジオライフにも参加。現在は引退して、大阪でカラオケ教室の講師をしている。

声優引退後、連絡がとれない状態になっており、1997年発売のゲーム『スーパーロボット大戦F』にて『聖戦士ダンバイン』で演じたトッド・ギネスの声を演じてもらうために半年掛かりで、興信所を使って逢坂を探し出したという逸話が存在する。その際、中原茂平松広和も協力していた[1]

後任編集

引退後に持ち役を受け継いだ人物は以下の通り。なお前述した通り「スーパーロボット大戦シリーズ」では逢坂が自らトッド・ギネスを再演している。

出演作品編集

テレビアニメ編集

劇場アニメ編集

吹き替え(アニメ)編集

ゲーム編集

テレビドラマ編集

舞台編集

1981年
1982年
1983年
1984年
1985年
1986年

舞台監督編集

1983年

振付編集

1986年
  • スタア ザ・サード・ステージNo.12

音楽編集

1983年
1984年

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ F』(1997年)、『F完結編』(1998年)、『コンプリートボックス』(1999年)、『α』(2000年)、『α for Dreamcast』(2001年)、『IMPACT』(2002年)、『BX』(2015年)、『X』(2018年)、『T』(2019年)

出典編集

  1. ^ 吉田陽一編「スパロボF発売記念 スタッフ特別インタビュー」『スーパーロボット大戦Fを一生楽しむ本』ケイブンシャ、1997年12月10日、ISBN 4-7669-2870-9、76頁。