メインメニューを開く

連子窓

法隆寺回廊の連子窓

連子窓(れんじまど)は、断面方形又は菱形の細長い木材(連子子)を縦又は横に連ねた連子を嵌め込んだである。採光、通風、防犯を目的とする[1]

寺院神社で用いられることが多く、日本では法隆寺薬師寺春日大社大極殿回廊等に見られる。当時は柱は丹(朱)、壁は白、連子窓は青(緑)に塗られることが多かった。[要出典]

茶室では竹格子を嵌めた窓を連子窓と呼ぶ[2]

脚注編集

  1. ^ 連子(窓) 建築用語集
  2. ^ 連子窓(れんじまど)とは コトバンク